• F.A.G.E.(エファージュ)
  • エファージュの約束
  • 商品ラインアップ
  • 晴れやか美人
  • サントリーの美容研究
  • 酵母のはなし
  • 商品購入
年齢と向き合う肌ケアとは 今のスキンケア、何歳から続けていますか?

50代を過ぎて、化粧品を変えることは、勇気がいります。
しかし、年齢に合ったスキンケアとの出会いこそ、
美しい肌への近道です。

「女性特有の変調によって、肌質そのものが変化しています」

肌は、年齢によって変化していくものです。残念ながら、何もしなくても美しくいられるのは、10代までと言われています。特に50代半ばを過ぎると、女性特有の変調とともに、肌質そのものが変化していきます。「一気に、年齢が目立つように」「化粧品が合わなくなった」「今までのケアじゃ間に合わない」。そうおっしゃる方が多くなる、大きな理由の一つです。

サントリー健康科学研究所 創美科学グループ 泉 玲子

サントリーウエルネス株式会社
サントリー健康科学研究所
泉 玲子

  • シワ

    原因は、ハリ不足です

    スジ状のシワは、加齢や紫外線によってハリを失うことで発生。たるみによっても、目じりや額などに様々なシワが表れます。

  • たるみ

    ほうれい線、くぼみ、二重あご

    表情筋が衰えると、皮下脂肪が下へ下へと移動します。結果、ほうれい線や目の下のふくらみ、二重あごが気になるようになります。

  • 乾燥

    水分保持力が低下しています

    年齢とともに、肌表面の皮脂膜は作られにくく、角層で水分を保持する細胞間脂質も減少するため、潤いを逃しやすい状態です。

  • くすみ

    血行不良が肌をくすませます

    メラニンだけでなく、乾燥や血行不良もくすみの原因。たんぱく質が糖と結びつく「糖化」も、黄ばみを招くと注目されています。

監修:東邦大学医学部客員教授 漆畑 修 先生

※乾燥によって古くなった角質

「年齢にあったお手入れで、肌老化は遅らせることができます」

たとえば疲れた身体は、美味しいものを食べたり、しっかり睡眠をとると、また元気に活動できます。肌も同じで、年を重ねると疲れやすくなりますが、輝かせる手助けはいくらでもあります。生活習慣を意識すること、ストレス解消法を見つけること、きちんと年齢に合ったスキンケアを続けること。トータルで磨いていくことで、若々しい弾力のあるハリ肌は保てます。まずは、ご自身の年齢肌と向き合うことから始めてみませんか。

サントリー健康科学研究所 創美科学グループ 泉 玲子
  • 40代

    加齢サインが現れます

    肌細胞の機能低下によって、「乾燥肌」「老人性のシミ」「ほうれい線」など、加齢サインが気になる年齢。紫外線に気をつけ、水分と油分をたっぷり補ってください。

  • 50代

    本格的なエイジングケアを

    弾力のあるハリがなくなり、深くたるみ、シミやソバカスが濃くなるのも50代です。保湿成分やエイジング成分を贅沢に、デコルテへのケアも毎日続けてください。

  • 60代から

    お手入れで差が出ます

    実は、トラブルの少ない「普通肌」が半数以上を占め、効果が出やすい年齢です。正しいクレンジング、洗顔、保湿、そして美容成分の補給で美肌を維持してください。

監修:東邦大学医学部客員教授 漆畑 修 先生

※年齢に応じたお手入れのこと

  • 商品のご購入はこちら
  • 1週間トライアルキットのお申し込みはこちら