年齢には、セサミンがある。 サントリーセサミンEX
  • お試しはこちら
  • ご購入はこちら

セサミンの歴史 サントリーが長年続けてきたポリフェノールの研究は、セサミンの歴史へと繋がっています。その軌跡をご紹介します。

出会い成長する広がる進化する
1899年(明治32年) 鳥井商店開業 

1921年(大正10年)
株式会社寿屋を創立。
1924年(大正13年)
日本初モルトウイスキー蒸留所・
山崎工場竣工、蒸留作業開始。
1936年(昭和11年)
山梨県に日本最大の自家ぶどう園
「山梨ワイナリー(現・登美の丘ワイナリー)」開設。
1963年(昭和38年)
社名を「サントリー株式会社」に変更。
サントリー初のビール工場 武蔵野ビール工場開設。
サントリービール製造発売。

ウイスキー、ワイン、ビール、烏龍茶。
サントリーの発酵技術とポリフェノール研究が、健康食品づくりの土台に。

1979年(昭和54年) 
サントリー生物医学研究所設立
1983年(昭和58年) 
“油脂領域”の研究を開始 

人の健康に役立つ油を求めて、
京都大学との共同研究
「夢のあぶらプロジェクト」として
人の健康に役立つ油を求めて研究を
始めました。セサミン研究の
礎となるプロジェクトです。

1985年(昭和60年)
アラキドン酸(ARA)を産生するアルピナ菌の発見 ゴマ研究スタート、セサミンとの出会い

健康に役立つ成分「アラキドン酸」を生産する微生物を発見。大量に増やすために、ナタネ油や大豆油など、さまざまな油を発酵タンクに入れる実験を繰り返していきました。しかし、“ゴマ油”を入れた時だけ、アラキドン酸がまったく増えないという結果に。そこに、セサミンパワーのヒントがありました。

1986年(昭和61年)
九州大学菅野名誉教授とセサミン共同研究を開始

セサミンの研究成果を、学会で発表。
九州大学菅野名誉教授から、「自然からの贈り物」という賞賛の言葉をいただきました。
それをきっかけに、セサミンの共同研究を開始。

1992年(平成4年)
「ヘルスケア事業開発部(健康食品事業部の前身)」設立
1993年(平成5年) ゴマの健康食品「セサミン」第一号発売

10年以上にもわたる研究の末、ゴマ1粒に1%未満しか含まれない健康成分セサミンを、飲みやすいソフトカプセルにギュッと凝縮しました。「セサミン」第一号の完成です。

「当時は、青汁やローヤルゼリーがブーム。売れ残ったセサミンを見ると、悔しくて仕方なかったです」サントリーウエルネス(株)サントリー健康科学センター長 新免芳史
ドラッグストアやフィットネスクラブに、開発者自ら営業しに、足を運ぶ日々。

8年間の売れない時代を耐えられた訳>>

涙型カプセルの開発

成分や飲みやすさにこだわり、製品開発にも力を入れていった結果、
涙型のソフトカプセルの開発に成功しました。

「最初は丸型でしたが、コロコロ転がるので扱いづらい。他によい形はないか、追究しました。」サントリーウエルネス(株)サントリー健康科学センター 生産部長 沖田定喜

涙型カプセルまでの道のり>>

出会い成長する広がる進化する