武満 徹

第17回2016年12月号

没後20年“世界のタケミツ”の軌跡
「武満 徹」

武満徹(たけみつ・とおる)をご存じですか? 世界中の演奏者が彼の曲をプログラムに取り入れたがるといわれる20世紀を代表する日本の作曲家で、2016年はちょうど没後20年にあたります。そこで今回は、武満徹の知られざる過去と、彼を“世界のタケミツ”にした名曲 … [もっと読む]

メサイア

第16回2016年11月号

歓喜のあまり国王も起立?
「メサイア」

市民参加型イベントとしても人気の、年末恒例ベートーヴェン作曲「第九」の「歓喜の歌」合唱と、ヘンデル作曲「メサイア」の「ハレルヤ」コーラス。「歓喜の歌」は以前このコラムでも触れましたが、今回は「ハレルヤ」についてご紹介しましょう。実際の演奏会で体験した方も … [もっと読む]

モーツァルト

第15回2016年10月号

フリーランスとして活躍した音楽家の先駆け
「モーツァルト」

ある新聞紙上で作曲家の人気投票を行ったところ、1位に輝いたのはモーツァルト。純粋な音楽ファンに加え、「胎教にいい」「脳にいい」などと評され、付加価値の面からも注目されているのが高い支持の理由のようです。早くからその音楽的才能を開花させたモーツァルトですが … [もっと読む]

調律師

第14回2016年9月号

職人のこだわり × 音楽家の耳
「調律師」

人々を感動させる素晴らしい音楽を生み出すには、その基本となる“音”がきちんと合っていることも大切です。バイオリンやフルートなど多くの楽器は奏者自身が音の高さを調整しますが、ピアノの音を合わせるのはピアノ調律師。そして単なる楽器の音合わせだけでなく、奏者とともに音をつくり、音楽を生み出す源に関わる仕事…今回は、ピアノ … [もっと読む]

  • 人物・作品・仕事

    古今東西クラシック音楽に関わる
    人や仕事

  • 楽器・ホール・イベント

    楽器の秘密、
    ホールやコンサートの最新情報

  • クラシックトリビア

    誰かに話したくなる
    クラシックのミニ知識

田中 泰

案内人:田中 泰(クラシックソムリエ)

1957年横須賀生まれ。1988年ぴあ(株)入社以来一貫してクラシックジャンルを担当。
JAL機内クラシックチャンネルの構成および、J-WAVE「モーニングクラシック」の企画・ナレーションを担当。
(株)スプートニク代表取締役プロデューサー、一般財団法人日本クラシックソムリエ協会代表理事。

インフォメーション