収納のプロの自宅で教えてもらう! ウエルネス収納講座

  • トップ
  • クローク編
  • クローゼット編
  • 押し入れ編
  • キッチン編
  • 吉島先生オリジナル編
  • 収納講座を終えて
吉島先生

押し入れはアイデア次第で、とても便利な収納空間に
なります。
ここでは押し入れの基本的な使い方から、小物や掃除
道具を効率的に収納するテクニック。また押し入れを
衣類の収納場所にしてしまう方法。さらに、ちょっと
斬新な押し入れの活用術などをご紹介します。

押し入れの配置:先生のご自宅の場合
押し入れの写真 布団 衣類収納 上部収納 押し入れ 押し入れ新活用術

布団

かさばる羽毛布団を小さく収納!
羽毛布団を持つ蓑田

このバンドは100円ショップなどで手に入ります。

羽毛布団は圧縮袋などで圧縮すると羽根が折れて、次回使うときにふっくらしない、なんてことがありますので小さく丸めて空気を抜いて収納しましょう。
小さくしたらスーツケースなどを縛るベルトなどで固定しましょう。

衣類収納

押し入れを利用すれば洋服の収納に困りません!
洋服収納の写真

上の部分にはジャケットやワンピースなどをつるし、クローゼット編のときに紹介したように奥にねじ込み式のフック(またはハンガーパイプ)などを付けておくと、あまり着ないものとか、季節的に着ないものなどを効率的にしまえます。

衣替え不要のアイデア!
季節ラベルの写真

我が家は衣替えをしないので、洋服をかけるバーに、冬とか夏とか書いてあるラベルを 貼っています。こうすればここは冬モノ、ここは夏モノとひと目でわかります。
季節ごとに分けられるのでとても便利です。

衣替えいらずでらくちんですよ!
洋服ダンスの代わりに衣装ケースを!
収納ボックスのラベルの写真

大きな洋服ダンスは場所をとりますよね。そこで押し入れの下に、引き出しタイプの半透明の衣装ケースに衣類を収納すれば大容量のタンスになります。
また、ここまではご主人様、ここからは奥様のスペースと、収納する場所と階層を分けておくとお互いがとても使いやすくなります。
ケースの正面には、何が入っているかがわかるラベルを貼っておけば完璧です。

上部収納

棚には目的別にまとめたケースを置こう!
ラベルをつけたボックスの写真

このスペースには私の講座用の資料が、項目別に整理したケースごとにしまってあります。
こうしておけばケースを取り出して持っていくだけで済みますし、忘れ物もありません。
ご家庭なら季節や目的別にレジャー用品、子供ごとに思い出の箱を作る。
タオルやシーツ、下着、靴下などの新品ストック類や、寝具、衣類などをアイテムごとに分類して収納しておけば、利用するときに便利だと思います。

押し入れの上の方には普段あまり使わないモノを収納する!
棚のボックスを持つ依藤

多くのご家庭のご主人様は、ご自身や奥様の洋服がどこにしまってあるのかを知らないのではないでしょうか。そこでケースに名札を付けて、万が一のときのための入院セット、冠婚葬祭用品などを収納しておけばいざというとき、ご主人様に持ってきてもらうことができるので便利です。

いざというとき安心です! 名札の写真

押し入れ効率収納

目的や使用頻度に応じて収納場所を決める!
ラベルをつけたボックスの写真

お掃除用品などは当然ですが、まとめて置いておくのがベスト。
我が家ではこの収納にはコンセントも設置して電源が取れるようにしてあります。
また、非常用備品や季節の飾りなども、まとめてキャスター付きのケースなどに入れておきます。
ネームプレートを付けておくと、布製ケースの場合でも中身がひと目でわかります。

押し入れを快適収納空間にする!
押し入れを前に話す吉島先生と蓑田と依藤

押し入れの真ん中の梁(はり)を外して、棚を設置すれば便利な収納に早変わり。
間仕切りや棚の高さを工夫すれば、小物などもきれいに収納できます。
棚の代わりにカラーボックスを使ってもいいかな、と思います。
また押し入れの奥行きを活かして、奥にはあまり使用しないものや季節用品などをしまうのもアイデアです。

押し入れ新活用術

押し入れもロールカーテンで大変身!
ロールカーテンの写真

ロールカーテンにすると引き戸がなくなり、押し入れの開口部が大きくなるので、劇的に使いやすくなります。また密閉されないので、押し入れのジメジメを少なくする効果もあります。

開口部が大きく、使いやすくなります!
押し入れがデスクに大変身!
押し入れデスクを囲む吉島先生、蓑田、依藤

引き戸をはずして、高さの調整ができる油圧式の椅子を利用すれば、押し入れがデスクに早変わり。横幅170cm、奥行き75 cm、高さ:間口200 cm、内部230 cm(吉島邸の場合)もある広々とした立派なデスクになり、とっても使いやすいですよ。

ネットを付ければ、壁も立派な収納に!
壁収納を指さす依藤

100円ショップなどで購入できる金属製のネットをフックでつるし、S字ハンガーなどを付ければ、いろいろなモノがぶら下げられます。
意外に便利な壁掛け収納なので、いろいろな場所に応用できると思います。

これで問題解決!吉島先生のなるほど! 収納相談室

  • タンスって便利そうで、収納力もありそうですが、
    意外にモノが入らない気がします。タンス収納の秘訣ってありますか?

  • 吉島先生の写真

    実際、婚礼ダンスなどは、大きさのわりに使いにくく、あまりモノが入らない場合が多いようです。
    できるだけ細かい仕切りを外し広い空間を確保することと、収納スペースに合わせて、モノのたたみ方を工夫しましょう。
    特に引き出し収納は、収納スペースの幅、高さ、奥行などに衣類をたたんだときのサイズを合わせると、無駄な空間が生まれにくく有効に使えます。
    浅い引き出しには靴下や衣類などの細かいアイテムを、深い引き出しには、ニットやジーパンなどかさばるモノを入れるよう意識するだけでも違います。