収納のプロの自宅で教えてもらう! ウエルネス収納講座

  • トップ
  • クローク編
  • クローゼット編
  • 押し入れ編
  • キッチン編
  • 吉島先生オリジナル編
  • 収納講座を終えて
吉島先生

主婦が一番、キレイに使いやすくしておきたいのがキッチン。
でも調理器具や食器、調味料など毎日の生活に必要なものがギッシリ!
どうしても散らかりがちになります。
そこで、ちょっとしたアイデアでスッキリさせる収納方法をご紹介します!

キッチンの配置:先生のご自宅の場合
キッチンの全体写真 収納ボックス マグネット テープ 引き出し 粉物収納

収納ボックス

重いモノはキャスター付きの収納ボックスに!
キャスター付き収納ボックスを引き出す写真

お酒や調味料など重いビン類をシンク下に収納するときなどは、キャスター付きの収納ボックスを使うと、奥にしまってもスルスルっと引き出しやすくなります。

重いモノもかるがる! キャスター付き収納ボックスの写真

マグネット

マグネット付きケースを上手に利用しよう!
マグネット付きケースを使う吉島先生と蓑田

皆さんもご存じのこのケース。
普通は冷蔵庫やシンク周りでスパイスなどを入れて使いがちですが、私はテーブルの下に長い磁石を貼り付け、逆さまに固定して使っています。
こうするとデッドスペースが上手く活用できるし、見せない収納にもなるんですよ。

マグネット付きケースの写真 デッドスペースを上手く活用!
包丁などもマグネットで収納
きれいにマグネットに付いている包丁とキッチンハサミの写真

マグネットの板をキッチンの壁などに付けると、包丁などがきれいに片づきます。
取りやすい上に、場所をとらないので、スッキリ効率良く収納できます。
ただ、セラミックの包丁とかキッチンバサミなど鉄製以外のものはつかないのでご注意を。

包丁をマグネットに付ける吉島先生

テープ

メモ帳代わりにマスキングテープ!
テープに文字を書いている写真

普通は塗装時などに使われるマスキングテープ(養生テープ)。
これが我が家のキッチンには必需品です。
保存容器に何が入っているかシール代わりに貼り付けたり、
買い足す予定の食材をテープにメモって冷蔵庫などに貼っておけば、
後で買い物へ行く際にメモ用紙などに貼りかえられるのでとても重宝しています。
但し、貼るときは片方の隅を折り返し、粘着されない部分を作っておくとはがしやすいです。

引き出し

引き出しもひと工夫でより便利に!
きれいに片づいている引き出しの写真

カトラリー(ナイフやフォーク)が入れてある引き出しには、来客用のお箸、ナイフやフォーク、スプーンは一緒に収納しないこと。
これは普段使いのモノが取り出しやすいのと、来客用を別のケースに入れておけば、来客のときにはそのケースのまま食卓に出せるので便利です。

粉物収納

粉物は袋から出して収納しよう!
粉収納の写真

粉物をそのままの入れ物で使っているとかさばるし、小麦粉などは、袋を開けた途端にモワッと吹いたりしがち。
そこで粉物ひとつの量がちょうど入りきる大きさで、収納場所にちょうど収まるプラスチック容器に入れ、重ねて収納しましょう。
またネームプレートを貼っておくと整理しやすいですよ。

これは便利!私も自宅で実践してみたいです!

これで問題解決!吉島先生のなるほど! 収納相談室

  • 家具と家具の間とか、キッチンの冷蔵庫とシンクの間に
    隙間というか狭いスペースがありますが、
    何かここを便利に使えるアイデアがありますか?

  • 吉島先生の写真

    狭いスペースとひとくちに言っても、どれ位の幅があるのかが問題ですね。
    収納カタログなどを見てみると、幅10センチくらいからの隙間家具が販売されています。
    空いているスペースがそれ以下でしたら、その空間を無理に活用するよりも、それ以外の収納を整理し、もっと効率的にモノを収められるよう片づけた方がずっと早いと思います。
    また冷蔵庫周りは、適度に空間を開けて置くことが、節電という観点からも大切になってきます。
    無理に収納をつくってギュウギュウにすると良くない場合もあるので注意しましょう。