収納のプロの自宅で教えてもらう! ウエルネス収納講座

  • トップ
  • クローク編
  • クローゼット編
  • 押し入れ編
  • キッチン編
  • 吉島先生オリジナル編
  • 収納講座を終えて
吉島先生

梅雨の季節を快適にするための湿気対策、夏の節電方法、いろいろな収納方法など、
実際に自宅で行っている方法をご紹介します。
ぜひ、梅雨から夏を快適に過ごすための参考にしてください。

衣類・靴の梅雨対策(湿気、防虫、防カビ)

天然素材のレッドシダーで防虫・消臭を!
レッドシダーを加工する吉島先生と依藤 ヒモを結んでいる写真

ホームセンターなどで売っているレッドシダーは防虫効果・消臭効果が高いので衣類の収納に最適です。天然素材で香りもいいので、安心して使用できます。
匂いが弱くなってきたら表面をサンドペーパーなどで、軽く削ると匂いが復活するので、長期間使えて経済的です。

<作り方>
【1】レッドシダーの真ん中あたりにドリルで穴を開ける(貫通してもドリルが机などを傷つけないように、下に台になる木を置いて穴開けをしてください)。
【2】ヒモを通す。
【3】衣装カバーの中にレッドシダーを入れる。

ヒノキチップで防カビ・防虫・湿気取りを!
袋とヒノキチップの写真 ヒノキチップを袋に詰める写真 完成品を靴に詰めた写真

最近では、ホームセンターなどでも購入できるヒノキチップ。
ヒノキのいい香りには、防カビや消臭効果があります。靴はもちろんですが
下駄箱のニオイ対策にもなります。ぜひ、この可愛らしいシューズキーパーを
作って活用してください。

<作り方>
【1】100円ショップなどで売っている、通気性のある袋を用意(出汁袋などもOK)。
【2】ヒノキチップを適量入れヒモで結ぶ。
【3】靴に入れて収納。
小さい袋に詰めて、衣類のポケットに入れても大丈夫ですよ。

出汁袋にヒノキチップを詰める写真 出汁袋でも大丈夫ですよ!

収納スペースの湿気対策

湿気がこもりがちな押し入れの湿気対策を大公開!

梅雨はどうしても湿度が高くなり、家中に湿気がこもりがちです。特に押し入れは湿気が多い場所。
そこで我が家で実践している湿気対策をお教えします!

押し入れの湿気対策 その1.エタノールで雑巾がけ!

押し入れを拭いている写真

押し入れには湿気がたまりやすく、独特な匂いも気になります。そこで薬局などで手に入るエタノールを使いましょう。
エタノールを霧吹きに入れ、雑巾に噴霧するか、直接押し入れに噴霧して雑巾で拭きます。
エタノールには殺菌作用もあるし、気化性もあるので、乾くときに押し入れの水分を蒸発させてくれます。

押し入れをエタノール清掃する吉島先生と蓑田

押し入れの湿気対策 その2.扇風機を使おう!

扇風機で風を押し入れに送る写真

エタノールの雑巾がけが終わったら扇風機で押し入れに風を送りましょう。
早く乾かせるし、効果的に湿気を飛ばせます。

消し忘れには気をつけて!

押し入れの湿気対策 その3.除湿マットを使おう!

除湿マットを押し入れに設置する吉島先生と依藤

ホームセンターなどで売っている敷布団の下に使う除湿マット。これを押し入れの壁に貼り付けると湿気対策に効果抜群です。
このマットは使い捨てではなく、天日干しで何回も使えるタイプなので経済的です。湿気センサーも付いているので色が変わったら天日干ししてください。

湿気センサーの写真 色が変わったら天日干し!

押し入れの湿気対策 その4.スノコを立てて使おう!

押し入れに設置したスノコと丸めた新聞紙の写真

湿気対策の定番はスノコです。これは空気の流れをつくるためですが、ここで
もう1つテクニックを。それは押し入れの後ろ側にもスノコを入れるという技。
天井にフックを付けてスノコを立てかけ、さらに丸めた新聞紙を入れておく。
これで空気が回りやすくなるし、新聞紙が湿気を吸収するのでかなりの湿気対策になります。

今年の夏は、みんなで節電しましょう!

夏の節電収納術 夏のエコテク

【1】冷凍庫のエコ収納
きれいにラベリング収納された冷凍庫の中の写真

冷凍庫はお互いに冷やしあう効果があるのである程度ギュウギュウにモノが入っていたほうがいいといわれています。
でも冷凍庫にギュウギュウにモノを入れてしまったら、どこに何があるのか使うときに探しにくい。
しかもドアが開けっ放しになる時間も長くなり、節電効果も少なくなります。
そこで、どこに何が入っているか見つけやすい工夫をしましょう。

【工夫その1】
マスキングテープに品名を書き、しまうモノにどんどん貼りましょう。
これだけで、どこに何が入っているかがわかるようになります。

【工夫その2】
まず、お料理の材料になる素材と、お料理したモノを分けてストックしましょう。
次に袋物は高さを合わせて縦に立てて収納する。お料理などは同じサイズの容器に入れ、重ねて収納するとたくさん収納できます。
こうすれば冷凍庫の中をガサゴソ探さなくて済むようになり、ドアの開閉も短時間になるので 節電にもつながります。

【工夫その3】
冷凍庫のモノが少なくなってきたら、保冷剤を入れておきましょう。
これでお互いを冷やす効果が持続します。

【2】吉島先生の節電への取り組み
エアコンの下の湿度計

涼しく感じるのは、温度と湿度どちらも関係しています。
そこで我が家では、各階(1階、2階、地階)それぞれに“温度計”と“湿度計”を設置しています。
温度が多少高くても湿度が低ければ、扇風機を利用しましょう。
節電効果もあり、健康のためにも冷やし過ぎないのでいいですよ。

湿度計の写真

いろいろ収納術

階段裏も利用!
フックに洋服をつるしている写真

我が家の階段は風通しと外光を取り入れるために仕切りをつくらずにスケルトンの状態にしてあります。
とても風通しが良いので、階段の板の裏側にフックを打ち、洗濯物干し場にしています。
雨の日や陰干しなどにも重宝しています。

階段裏にフックを付けている写真
金属製の階段の手すりや、いろいろな金属部分を活用!
階段に付けられたマグネットフックと鍵の写真

階段の手すりは金属製なので、マグネットフックが利用できます。
そこで1階の手すりには鍵を掛けています。こうすれば「あれ、鍵をどこに置いたかしら?」と探しまわることもなくなります。
マグネットフックが付けられる場所があれば、いろいろなものがつり下げられるので、ぜひお試しください。

掃除用具は各部屋に!
お掃除セットの写真

毎日、掃除機をかけての掃除は大変です。
そこで気がついた汚れやホコリはその場でサッときれいにしちゃいましょう。
手近にあればすぐに使えるので、雑巾などのちょっとした掃除用具は各部屋へ、小さなカゴなどに入れて置いておくと便利。
マグネットフックを利用して、小さなお掃除道具なんかを掛けておいても便利です。

ミニ掃除セットを持つ依藤

これで問題解決!吉島先生のなるほど! 収納相談室

  • これがあると意外に便利とか、これがないと収納に困る。というような
    吉島先生おすすめのアイテムとかグッズはありますか?

  • 吉島先生の写真

    絶対に必要な収納グッズというのはありません。
    なぜなら、収納グッズでどうにかするよりも、モノの量を見直すことの方がより大切だからです。
    とはいえ、やはり私がお片づけ現場に入る際に、常に常備しているモノはいくつかあります。
    それは、貼ってはがせるフック。これまでフックの取り付けが難しいと考えられていた場所にも設置できる石膏ボード用フックが便利です。