収納のプロの自宅で教えてもらう! ウエルネス収納講座

  • トップ
  • クローク編
  • クローゼット編
  • 押し入れ編
  • キッチン編
  • 吉島先生オリジナル編
  • 収納講座を終えて

収納講座を終えて

今日は“あっと驚く”収納術を
吉島先生から講義してもらった蓑田と依藤。
先生の収納テクニックには、ただただ感心するばかりでした。
ぜひ皆さんも、ご自宅で実践して、
きれいでスッキリした住まいを実現してください。
吉島先生の写真

【1】片づけられないとあきらめないで。
片づけに取り組むが、すぐに挫折してしまう人の多くは、最初に高い目標を掲げてしまい「できない」と諦めてしまいます。まず目標を小さなステップで刻んでいくことが重要です。
ちょっと頑張ればクリアできた! そうした小さな成功体験が、自信につながります。
自信がつけば、苦手なことも、楽しく、長続きします。
部屋全体を片づけようと挫折しがちなら、本棚だけ、引き出し1段だけ、といったように、より小さなスペースをスッキリさせることから始めてみてください。

【2】シンプルライフが肝心。
収納の極意は上手にしまうことはもちろんですが、モノを買うとき、これは本当に必要なのかを考える。
要らないものは捨てる。そうすることで徐々にシンプルで、スッキリした生活空間が生まれてきます。

備蓄しているコメと水の写真

【3】いざというときのモノの収納も大事です。
一方で、昨年の震災以来、いざというときの飲料水と食料は本当に欠くことができないと痛感し、水や米、保存食を1週間分くらい備蓄するようになりました。
消費期限が近づいてきたら、みんなで食べる。これなら無駄もないので実践しています。

蓑田の写真
私も収納が大好きで、日々ちょっとした工夫を凝らして楽しんでいますが、今日は目からウロコの収納術をたくさん教えていただきました。
毎日暮らす住まいがキレイだと、気持ちもスッキリして前向きになれますよね。
今回ご紹介した様々なアイデアを皆さんのお役に立てていただけたら嬉しいです。
できるところからでかまわないと思いますので、ぜひトライしてみてくださいね。
私も、先生に教えていただいたアイデアを早速実践してみました。
洋服を手前と後ろに収納した写真

先生のご自宅で実践されているような、サイズに合わせてポールをホームセンターでカットしてもらい、壁に釘で打ちつけるというほど本格的なものではなく、「つっぱり棒」を活用した簡単取り付けでしたが、我が家のL字型クローゼットに2本投入し、冬物コートを5着も奥に収めることができて、スペースにゆとりが生まれました。気持ちもスッキリしますね。

粉物を容器に入れラベリングした写真

砂糖やお塩など、ほぼ毎日料理で使用するモノは、専用の容器に入れていましたが、小麦粉やパン粉なども、商品パッケージから出してプラスチック容器に入れるというのは目からウロコでした。
大きな袋から出すときに、白い粉が飛び散ったりするのが毎回ストレスでしたが、これでスッキリ解消できそうです♪

依藤の写真
自分は片づけが、あまり上手くないので部屋が散らかりがちです。そのために今日の講座は本当に楽しみでした。
どんな方法で、部屋をスッキリさせるのか興味津々。
実際に見ているとなるほどと感心する収納方法ばかりで、とても参考になりました。
今日は究極の収納術を見た気がします。
ダウンジャケットと羽毛布団を縛った写真

吉島先生にご教授いただきました、羽毛布団の収納法を早速自宅で実践してみました。これまで押し入れをほぼ占領していた布団がすごくコンパクトにまとまったので、大満足です! 自宅に布の袋が見当たらなかったので、ダウンジャケットも同様にスーツケース用ベルトで固定しました。
片付けが苦手でも、工夫次第で簡単に収納ができるということを、収納講座を通じて学びました!

皆さん、今回ご紹介した収納術はいかがでしたか?
ぜひ、ご自宅でスッキリ収納をお試しください。