• サイトマップ
  • 魚を食べなくなった日本人
  • 青魚のパワーの源、サラサラ成分(必須脂肪酸とは)
  • 必須脂肪酸DHAとEPAの違いとは?
  • n-3系脂肪酸の摂取目安量とDHA・EPAの効率の良い摂取方法

青魚のパワーの源、サラサラ成分(必須脂肪酸とは)
私たちの健康維持に欠かせない重要な成分

青魚のパワーの源、サラサラ成分(必須脂肪酸とは) 私たちの健康維持に欠かせない重要な成分

青魚などに多く含まれる、DHAとEPA

日本人の健康を支え、元気の源となっていた魚。

魚の暮らしは、流氷が浮かぶ極寒の海から、水深約8,000メートルの深海の世界まで広がります。そんな魚に含まれる成分、それがDHAやEPAという成分です。

このDHAやEPAは、マグロやサンマ、イワシといった青魚の頭の部分や、目の後ろの脂身に特に多い“脂肪酸”と呼ばれる成分です。魚が生きていくうえで欠かせない成分であり、不足すると魚の成長にも影響が及ぶといわれます。

DHAやEPAは、青魚の頭の部分などに特に多く含まれている成分です。

DHAやEPAは、青魚の頭の部分などに特に多く含まれている成分です。


“サラサラ成分”のDHAとEPA

“脂肪酸”、つまり脂(あぶら)の一種であるDHAとEPAですが、その大きな特長は透き通っていて、サラサラしていること。また、氷点下でも固まらないことから、冷たい海に生きる魚も元気に泳ぐことができるのです。

一般的に、「脂=悪者」とイメージしがちですが、このサラサラ成分DHAとEPAは健康維持に役立つことが研究で明らかになっています。私たちの健康に欠かせない重要な成分であるため、必須脂肪酸と呼ばれています。

非常にサラサラしていることが特長のDHAとEPA

DHAとEPAは非常にサラサラしているのが特長で、氷点下でも固まりません。


DHAやEPAは人間の体に欠かせない必須脂肪酸

脂肪酸はいくつかの種類に分けられますが、中でも、DHAやEPAは健康や美容に有用な働きが期待される“オメガ3脂肪酸”に分類される成分であり、大きな注目を集めています。

脂肪酸の分類

実は、DHAやEPAは私たちの体を構成する成分で、特定の部位だけではなく全身に存在し、健康を維持するうえで大切な働きをしています。また、DHAやEPAは体内ではほとんど作られないため、食事によって摂取しなければなりません。

DHAとEPAは人間の全身に存在する構成成分で、必須脂肪酸と呼ばれています。

DHAとEPAは人間の全身に存在する構成成分で、必須脂肪酸と呼ばれています。


例えば、発育著しい乳幼児に必須な母乳。この母乳にもDHAとEPAは多く含まれることから、粉ミルクなどにも配合されています。健康維持に良い青魚のサラサラ成分は、私たちの体にとって常に重要な働きをする必須脂肪酸なのです。

乳幼児に必要な母乳にもDHAとEPAが含まれていることから、粉ミルクなどにも配合されています。

乳幼児に必要な母乳にもDHAとEPAが含まれていることから、粉ミルクなどにも配合されています。


※1 出典:H・Bフーズマーケティング便覧2006〜2018 No.2機能志向食品編《DHA・EPA成分カテゴリー内シェア
※2015〜2016年売上金額(確定)、及び、DHA、EPA成分カテゴリー内合算シェア※2004〜2014年売上金額(確定)》
(株)富士経済
ページトップへ