• F.A.G.E.(エファージュ)
  • エファージュの約束
  • 商品ラインアップ
  • 晴れやか美人
  • サントリーの美容研究
  • 酵母のはなし
  • 商品購入
季節の美容情報 夏のスキンケア

しっとりしているような気がして、
実は乾燥しやすいのが夏。
年齢肌にとって、夏こそ大切な保湿ケアを
ご紹介いたします。

夏の肌は乾燥しやすいって本当?

汗と皮脂で表面はしっとり?
実は冷房や紫外線など、肌が乾燥しやすい環境に。

夏は気温と湿度の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が増加します。それによって、肌の表面はしっとりしているように感じやすいもの。しかし、冷房の効いた室内、あるいは照射量がピークに達する紫外線など、夏の肌はとても乾燥しやすい環境におかれているのです。

水分保持力が低下していく年齢肌は、より乾燥しがち。
シワ、たるみなどの肌悩みの原因に…

肌の水分保持力が低下していく年齢肌にとっては、夏はさらに乾燥に追い打ちをかけやすい季節といえます。さらに、肌の表面がベタベタするために、大切な保湿ケアもおろそかになりやすいもの。それがシワ、たるみなど年齢肌の悩みを進行させてしまうのです。

紫外線の肌への影響

長年、夏の強い紫外線を繰り返し浴びると、角層が厚くなります。
それが肌の乾燥につながり、さらにターンオーバーの乱れによって、
角層が不均一になり、光を乱反射することで肌の透明感が損なわれて、
くすみ※につながります。

※乾燥によって古くなった角質
<正常な肌>
<紫外線をためこんだ肌>

角層が厚くなり、ごわごわに。
光を乱反射するためくすんで
見える。

夏こそ、丁寧な保湿ケアが、夏終わりに差をつける

必見!これは押さえたい!保湿3大チェックポイント

夏は化粧水がベタつくのでひかえたい 夏こそ重視したい「使用量」

夏は特に乾燥しやすい年齢肌。まずは、たっぷり潤いと美容成分を与えてあげることが大切です。ベタベタしてしまう場合は、2回に分けてつけてみましょう。

ベタベタが気になる方はタオルでほてりをおさえてからお手入れを!

夏でも快適にお手入れを続けるためのおすすめケアをご紹介しています。

「化粧水は、とにかくたっぷりの量をつけていれば大丈夫ですよね?」量に加えて、重視したい「浸透力」

たっぷりの量を与えることは大事ですが、加えて化粧水に大切なのが、「浸透力」です。角層が厚くごわごわしがちな年齢肌は、浸透力の高い化粧水でしっかりと奥まで潤いを届けることが大切です。

F.A.G.E.の化粧水は深層浸透メソッド※を採用

ごわごわして乾燥しがちな年齢肌をしっとり深く潤します。

※角層まで

「夏は化粧水だけでお手入れしているのですが…」与えた潤いを閉じ込める丁寧な保湿ケアが差をつける

乾燥しやすい夏の年齢肌は、化粧水に加えて、美容液で必要な美容成分を、そしてクリームで潤いと美容成分を閉じ込めてあげることで、保湿ケアにぐっと差がつきます。ぜひ化粧水だけで済まさず、美容液とクリームを重ねるケアで手応えを実感してみてくださいね。

満たす→補う→保つ

夏におすすめのプラスケア ~お手入れにプラスしてさらに美しく~

保湿が大事といっても、汗などでベタつきやすい夏は、お手入れも敬遠しがちになるもの。そんなときにおすすめのタオルを使ったケアをご紹介します。リラックス効果も高いので、ぜひお手入れに加えて、気持ちよく保湿ケアを行いましょう。

リラックス効果も抜群!「温タオル+冷タオル」で保湿力アップ
準備

●温タオル・・・ぬらしてしぼったタオルを電子レンジ(500W)で
 30秒ほど温める。
 ※タオルを温める際は、火傷にご注意ください。
 ※顔にのせる前に、腕などにあてて気持ちいいと感じるくらいの
  温度であることを確かめてください。
●冷タオル・・・冷たい水でぬらしてしぼっておく。

実施タイミング

朝起きたとき、洗顔後、帰宅されたときや、顔がほてっているときが
おすすめです。

温タオル

まずは、肌をほぐして、血行を促進させます。

● 血流が滞りがちな年齢肌の血行を促進し、保湿効果を高めます
● じんわりと豊かな気持ちに。リラックス効果があります。

タオルが気持ちのいい熱さになったら、顔の上に乗せ、2~3分そのまま放置する。体温より冷たくなる前にはずす。

暑いときは、次の冷タオルだけでも保湿効果が高まります。

冷タオル

肌が温まったら、ひんやり引き締めましょう。

● 発汗を抑え、安定した水分吸収力をキープできます。
● 肌力が低下しがちな年齢肌を刺激して、活性化します。

用意しておいたタオルを顔の上に乗せ、ぬるくなるまで2~3分そのまま放置する。

水でぬらしたタオルをしぼった後、冷蔵庫で冷やしておくとひんやりと気持ちよく、おすすめです。

さらにオススメポイント!

●温タオル⇒冷タオルを複数回、繰り返すとより◎

温タオルと冷タオルを2~3回繰り返すと、肌に良い刺激を
繰り返し与えることができ、より効果的です。

●首のうしろや目もとも効果的!

首のうしろは最も情報伝達を担うところといわれています。
またパソコンや読書で疲れやすい目もとにもぜひお試しください。
血行を促進し、お肌への効果はもちろん、すっきりと気持ちまでリフレッシュできます。

  • 商品のご購入はこちら
  • 1週間トライアルキットのお申し込みはこちら