冬の乾燥肌対策。保湿ケアのポイント

年齢肌の悩みを進行させる冬の乾燥。
そんな季節でもしっとりふっくら肌に導く
乾燥対策をご紹介します。

冬に肌あれや肌悩みが進行するのはなぜ?

寒さと乾いた空気が水分を奪う。

冬の寒さは、肌の巡りを低下させ、乾燥した空気は肌の水分を奪っていきます。年齢肌にとって、そんな冬は要注意の季節といえます。もともと年齢肌は、加齢によって皮脂量が減少しているため、肌の水分が蒸発しやすくなっています。

潤い保持成分「セラミド」の減少も原因のひとつ。

年齢肌が冬の乾燥ダメージを受けやすくなる原因の一つに、年齢とともに減少するセラミドがあげられます。セラミドが減少すると、肌内部の水分が蒸発しやすく、「カサつき」や「肌あれ」、さらに「ハリ不足」など年齢肌の悩みを進行させてしまうのです。だからこそ冬の保湿は、美肌を保つうえでは、とても重要です。

潤い保持成分「セラミド」とは?

セラミドは肌の潤いを守る働きをし、表皮の角層細胞の間を埋めるように存在する潤い保持成分です。セラミドが不足した肌は、肌内部の水分が蒸発しやすく、カサつきや、肌あれが生じやすくなります。

正常な肌 紫外線をためこんだ肌

クリーム使いの違いがその後の肌にも差をつける!

必見!保湿クリーム3段活用

その1 美肌のためには惜しみなく たっぷり使いで肌全体に潤いの力を!

たっぷりケアオススメの量はこれくらい!

パール粒大(いつもより多めにたっぷり2個分)を両頬、額、鼻、顎にのせ、うすく顔全体にのばします。

  • ※1 角層まで
  • ※2 セラミド3、コレステロール、パルミチン酸(エモリエント)

F.A.G.E.の保湿クリームは角層の隙間を埋めるように浸透※1する、3つの肌バリア※2成分を配合。肌のバリア機能を考えて、1:1:1のバランスよい配合率を実現しました。しっとり、ふっくらとしたハリを保つ働きがあるので、冬は少し多めに使い、もっちりハリ肌に整えましょう。

その2 年齢のサインが出やすいところに 細部への気配り効果をていねい使いで実感!

細部の気になる部分も”ピン!”

目もと、口もとは指先でやさしくタッピングしながら重ねづけを。

皮脂量がもともと少なく、年齢のサインが出やすい目もとや口もとは、ていねいにケアしましょう。皮膚が薄いので、やさしく触れるように保湿クリームの重ねづけを。

その3 冬こそ差が出る 欲ばり使いのあわせ技!

首もと美人で差をつける!

手のひら全体を使い、首の前面を顎から鎖骨に向かってなで下ろすように、やさしく。

お手入れでは盲点になりがちな首もと。年齢があらわれやすいので、クリームでしっかりケアしておくことで差が出ます。春先にはすっきり、美しい首もとに!

冬におすすめのプラスケア ~お手入れにプラスしてさらに美しく~

年齢のサインが出やすい目もと。保湿のお手入れに加えて、肌の巡りを高めるお手入れで若々しい目もとを手に入れましょう。

顔筋再生ストレッチで目元の筋肉をリフトアップ

準備

皮膚に負担をかけないように、顔全体にクリームをのばして、指の滑りを良くしてから始めましょう。

  1. step1

    眉頭の少し下のくぼみに左右の中指を当て、軽く押す。

  2. step2

    そのまま左右同時に、眉の上をこめかみに向かってさする。左右のこめかみを1秒ほど押し上げる。

  3. step3

    こめかみから下まぶたを通って、ゆっくり目頭までなぞる。目頭の少し鼻寄りを1秒ほど押す。

  4. step4

    上まぶたのくぼみを軽く上に引っ張るようにさすり、目尻を通って、こめかみに移動。左右のこめかみを1秒ほど押し上げる。

  5. step5

    こめかみから下まぶたを通り、目頭に向かって指を滑らせ、目頭の少し鼻寄りを1秒ほど押す。
    Step1~5を2回繰り返しましょう

  6. Point

    上まぶたのくぼみを軽く上に引っ張るようにさすり、目尻を通って、こめかみに移動。左右のこめかみを1秒ほど押し上げる。

監修:渡辺雅子 先生
ビューティープロデューサー。美容家として数多くのエステティシャン、ヘアメイクアップアーティストを育成、講演活動、TV出演も行う。プロアーティストのプロモーションに携わるなど幅広く活躍。