ニオイがわかる!先生に相談!!
体臭研究のスペシャリストが監修「大人の体臭と原因と攻略法」
40歳になったらニオイケアを!
<先生に相談!!>登場人物紹介
宇野皮膚科医院 院長・医学博士・東邦大学客員教授 漆畑修(うるしばた おさむ)氏 愛称:ウル先生
東邦大学医学部卒業。2006年まで東邦大学医療センター大橋病院にて院長補佐・皮膚科部長、美容医学センター長、栄養部長を務める。2007年4月より現職。
マナーコンサルタント・美道家 西出ひろ子(にしで ひろこ)氏(一社)マナー教育推進協会 代表理事。国会議員などの秘書を経て独立。1998年に渡英し、独自のマナーコミュニケーション論を確立。帰国後は、マナー界のカリスマとして、企業やテレビなどのメディアでも活躍。著書は国内外で50冊以上。
 
ウル先生!どうしてニオイケアが必要なんでしょうか?
体臭は女性にもありますが、特に男性は不快な体臭が多いと言われています。
わたしも?
中高年になると、特有の体臭が強くなる傾向があります。ノネナールというニオイ物質をご存知ですか?
ノネ?… 知らないノネ…。
ノネナールとは、年齢とともに増加傾向にある体臭の原因物質のことです。詳しく説明しますと…。
Data No.4 加齢臭の原因となる「ノネナール」には発生メカニズムがある
ニオイ物質のもとヘキサデセン酸が発生 ヘキサデセン酸は、皮脂に含まれる成分で、年齢とともに増えていきます。
ニオイ物質のもとを皮膚常在菌が分解 皮膚常在菌によって皮脂に含まれるヘキサデセン酸が分解されることで、ニオイ物質ノネナールを発生します。
ニオイ物質ノネナールが発散 発生したノネナールが発散することで、加齢臭といわれるニオイをまき散らします。
ちなみに、40歳を過ぎた頃から、ノネナールはグーンと増えるのだ。
Data No.5 要注意!ニオイ物質「ノネナール」は40歳から増加傾向
出典/ The Journal of Investigative Dermatology, Vol.116,4,520-524,(2001)
「加齢臭」ってやつか…。
そう、加齢臭です。対策は次のページでご説明します。