人は酸素に触れながら年をとる。

呼吸をするたびに、酸素に触れながら年をとる私たちのカラダ。酸素という抗えない加齢の事実に対し、何歳になっても若々しい人がいるのはなぜか。
サントリーは約30年間、加齢とカラダの関係を研究してきました。何が若々しさをもたらすのか、いくつもの成分を検討する中で、ゴマのセサミンにかつてない科学データの数々を発見したのです。

人は酸素に触れながら年をとる。

年齢とともに低下しがちな、若々しさを保つ力。

年齢とともに低下!※イメージ
年齢とともに低下しがちな、若々しさを保つ力。

見た目や体力、気力まで…。40歳を過ぎると、年齢を感じることが増えてきます。その理由のひとつは、カラダに本来備わっている、若々しさを保つ力が、加齢とともに低下していくという事実。一度低下した力は、食事などでカラダの外から補うことでしか、維持できません。

そこでサントリーが着目したのは酸化に強い希少成分それがセサミン

そこでサントリーが着目したのは酸化に強い希少成分それがセサミン

他の油に比べて、時間がたっても酸化しにくいゴマ油。味も見た目も変化しにくいその性質に、若々しさへの可能性を見出しました。
研究の結果、ゴマの稀少成分セサミンが年齢に役立つことを発見。さらにその力をカラダの中で最大限に発揮できるように検証を重ね、「セサミンEX」という一粒の答えにたどり着きました。