セサミンの歴史 サントリーが長年続けてきたポリフェノールの研究は、セサミンの歴史へと繋がっています。その軌跡をご紹介します。

出会い成長する広がるセサミン進化する
1996年(平成8年)ビタミンEを配合しパワーアップした
「セサミンE」発売

製品化した後も、パワーアップを目指して、私たちは、それ以上に研究を重ねていきました。セサミンと、さまざまな健康成分を組み合わせる実験を繰り返した結果、ビタミンEとの相性のよさを発見しました。

「1+1を2以上にする
 セサミンのちから。
 だから機能研究は飽きません」サントリーウエルネス(株)サントリー健康科学研究所 小野佳子

ビタミンEを組み合わせた訳>>

京都大学とセサミンの共同研究を実施

共同研究によって得た結果は、海外の学会でも発表し、多くの研究者の注目を集めました。

1999年(平成11年)
「健康食品事業部」設立
2000年(平成14年)
「サントリー健康科学研究所」設立
「セサミンE」通信販売開始

当時、セサミンの知名度はないに等しく、ドラッグストアに並べても手にとる人はほとんどいませんでした。ローヤルゼリーや青汁の方がはるかに人気がありました。そこで私たちは、販売方法を通信販売に切り替え、コールセンターを設置しました。

2003年(平成15年) スーパービタミンEと言われる
”トコトリエノール“を配合した
「セサミンEプラス」発売

セサミンとビタミンE、そして美容成分トコトリエノールを配合。若々しさをサポートするトリプルパワーを完成させ、「セサミンEプラス」を発売しました。通信販売の強みを活かし、よりお客様のお声を、開発に活かしていきます。

「“毎日、飲むのが楽しみ” 健康食品の必要な条件だと 思います。」サントリーウエルネス(株)サントリー健康科学センター 生産部長 沖田定喜

「カプセル同士がくっつく」お客様のお声を受けて>>

2005年(平成17年) 
「セサミンEシリーズ」発売

セサミン、ビタミンEとともに、健康成分を摂り入れることができる
セサミンEシリーズを開発しました。組み合わせることで、よりパワーを
高め合う配合を実現しています。

2007年(平成19年)「老いは怖くない。目標を失うのが、怖い」
出会い成長する広がる進化する