セサミンの歴史

“健康食品はデータがない”を覆したい

“データがないのが健康食品”と
思う専門家も多かった。
セサミンは違う。
セサミン論文数は41報。
健康食品では類を見ない高評価。

健康食品は、一般的にどこか胡散臭いイメージがありました。
とくに専門家の間では、“データがないのが健康食品”と言われがちです。

しかし、セサミンのパワーを科学的な指標に基づいて評価していった結果、 素晴らしいデータがどんどん出てきました。
専門家の方々に見せると、「すごいね」「面白いね」「僕にも研究させてくれない?」と、 お声掛けしていただけることも増えて、その一つ一つが、 サントリー研究者たちの自信となっていきました。

健康食品の
ポジショニングを変えたい。

すでに多くの学会で、サントリーはセサミンパワーについて発表をしています。
国内の学会・シンポジウムのみならず、海外での講演に呼ばれることも多いですね。

誇らしいというか、うれしいというか。多くの方に、サントリーのセサミンが認められていると実感します。
もちろん、それだけの科学的データがあると自負していますよ。

“研究者魂”
“何が、どこで、
どのように力を発揮しているか”
説明できるまで、追究すること。

「結果が出た!」と有頂天になるだけでは、研究者じゃない。「駄目だった」と落胆するのも違う。

必要なのは、そのメカニズムを説明できるまで追究する“研究者魂”。セサミンパワーの発見もその賜物です。サントリー研究者に継がれるDNAだと思います。

閉じる