三好典座が語る食のこころ 阿木燿子さんが問う典座の教え

三好良久典座(みよしりょうきゅうてんぞ)

曹洞宗大本山永平寺当代典座。食を司る役僧・典座職として平成十六年入山。日々、二百余名の修行僧の食事を準備することが日課であり修行。

阿木燿子さん(あき ようこ)

作詞家、女優、映画監督として活躍。二〇〇六年紫綬褒章受章。食に関する造詣も深く、著書に『ほっぺたぽろりんレシピ』などがある。

「お料理は彩りも美しいですね」(阿木)「見ためもおいしさのうちだと思います。盛り付けも、食べる人のことを思いながら、心を込めて一生懸命。それが自分の修行でもあります」(三好典座)

阿木燿子さんと三好良久典座

2. 食事の支度は一生懸命精進とは一生懸命と同じ意味です

  • 阿木

    おいしい食事を作るために、修行僧の方々にどうご指導なさるのですか?

  • 三好典座

    修行僧には、最初にごますりをさせます。ごまをすることには、すべての調理の基本が含まれています。急いですると油が出ますので、少量ずつ時間をかけて、ていねいに。一生懸命集中して、心を込めなければできません。

  • 阿木

    心を込めるというのは、具体的な意味でもあるんですね。

  • 三好典座

    精進とは、一生懸命と同義です。皆さんのご家庭では、肉や魚を使っても、一生懸命作れば、それは精進料理だと思います。

  • 阿木

    私も心を込めるというのは、お料理に魔法をかけることだと思っていました。いくら味がよくて形がきれいでも、心が込もっていないと、何かが足りないと感じます。たとえば、きちんと火を使って、蒸したり、煮たりすると、おいしさが違います。外食や便利な道具の普及は、食事を簡単にはしましたけれど、何か大切なものを喪失させたようにも思います。