品質チェック作業

粒の検査

熟練スタッフによる念入りなチェック

できあがった粒をサイズの違いを見分ける機械にかけて、規格外を除外していきます。その後熟練のスタッフの目視によって、割れや傷がないかを一粒一粒確認。液漏れやわずかな傷、汚れも見落としません。まさに、集中力と忍耐の仕事です。

ポイント

粒検査のスキルを確認するため、試験を実施

粒の目視検査に携わるスタッフは、定期的にそのスキルを確認しています。試験に合格することは必須。常に緊張感を持ちつつ検査を行っています。

検査機器にかける
体制による品質管理。

二重の検査

研究所でも品質チェック。二重の検査体制で品質を管理。

製造したラインごとに製品を保管して、工場と研究所の二重の検査体制で厳しく品質チェックを行います。品質基準や安全基準を満たしているかに加え、粒数・重さ・色・においまで入念に確認をします。