3月Vol.05:駿河湾の自然が育んだ“海の宝石” 桜えび
桜えびと野菜のチヂミ:228kcal

レシピを見る

「桜えび」の天日干し。独特のコクと香ばしさが生まれます

旬の時期だけ味わえる「生桜えび」。わさび醤油かレモン醤油で

「生桜えび」をすき焼き風に煮る「沖あがり」は、産地ならではの伝統料理

美しいサクラ色をしていることから、“海の宝石”とも呼ばれる桜えび。古くから駿河湾の特産品として知られます。漁は春と秋、年2回行われますが、産卵に備えて身が太る春は美味しさも格別。春漁期を迎えた本場・由比町を取材しました。

富士山を背景に一面に広がる“桜色の絨毯”は春の風物詩

 深海に生息する体長4~5cmの「桜えび」。水揚げされると、透明な身がすぐに美しい桜色になることからその名がつきました。世界でも稀少な生物で、国内では主に駿河湾だけで獲れる貴重品です。
 漁が始まったのは明治27年で、漁師が誤って網を海底に沈めてしまい、引き上げたら大量の「桜えび」が入っていたという偶然がきっかけでした。富士川、大井川などの清流から注ぎ込むプランクトン、急に深くなる海底など、駿河湾は「桜えび」の生育に絶好の環境だったのです。
 資源保護のため、漁期は3月からの春漁と、10月からの秋漁の年2回。由比港に水揚げされた「桜えび」は、鮮度が落ちないうちに素干しや釜揚げに加工されます。この時期、富士川の河川敷などで行われる天日干しは、桜色の絨毯を敷いたように美しく、季節の風物詩です。

小さな体に海の風味を凝縮、生を味わえるのも旬の楽しみ

 干すことによって旨みが凝縮した素干しは、そのままはもちろん、かき揚げにしたり、様々な料理に使うことで、香ばしさと彩りを添えてくれる重宝な食材です。台所の名脇役ですが、この時期は、獲れたての「生桜えび」を味わえるのも大きな楽しみ。気になるヒゲは、器に入れて割り箸数本でかき回せば、簡単に取れるそうです。
 プチンとした弾力と、口に広がる潮の香りと上品な甘みは、まさに旬ならではの旨さです。また、長ネギ、豆腐とともに、すき焼き風の出汁でさっと煮込んだ「沖あがり」もおすすめ。由比に伝わる漁師料理で、お酒にもごはんにもよく合います。

殻に含まれる栄養成分も一緒に摂れる優れた健康食材

 「桜えび」は、栄養的にも大変優れた健康食材です。カルシウム、鉄などのミネラル、EPAやDHA、タウリンなどが豊富に含まれており、しかも、ほとんどのエビは殻をむいて食べますが、「桜えび」は殻ごと食べられるので無駄がありません。
 小さな体に驚くほどの栄養成分を秘めた「桜えび」を、毎日の食生活に取り入れてみませんか。

江戸時代の「由比本陣」を復元したテーマパーク

 江戸時代、東海道の16番目の宿として栄えた由比町。当時の面影を残す所が数多くあり、参勤交代の大名の宿「本陣」の跡を整備し、表門や物見塔などを修復・復元したのが「由比本陣公園」です。園内には賓客用の離れ座敷を復元した記念館や、歌川(安藤)広重の東海道五十三次などの名作を展示した美術館も併設されており、往時の宿場の歴史と文化に触れることができます。

●お問い合わせ:054-375-4454
取材協力/静岡県東京事務所、由比町役場

今旬レシピ:濃厚な旨味に黒酢の酸味が好相性 桜えびと野菜のチヂミ調理時間:約20分

栄養成分(1人分)
エネルギー:228kcal
タンパク質:5.4g
脂質:9.1g
炭水化物:29.9g
塩分:1.4g
詳しくはこちら
詳しくはこちら
この料理は、坂元醸造の坂元のくろず 天寿(3年もの)とロザーティ社のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを使用しています。坂元のくろず 天寿(3年もの) 720mL エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 500mL

[材料(4人分)]

干し桜えび

・・・・・

15g

ニラ

・・・・・

1束

人参

・・・・・

1/3本

じゃがいも

・・・・・

小1個

小麦粉

・・・・・

1カップ(約100g)

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

・・・・・

大さじ2

A:卵(1個)、水(大さじ5)

B:醤油(大さじ2)、黒酢(大さじ1と1/2)、白すりゴマ、砂糖(各小さじ1)、ラー油(少々)

[作り方]

1.

人参は6cmの長さの千切り、ニラは6cmの長さに切る。

2.

ボウルにじゃがいもをすりおろし、A.と小麦粉を加えて泡立て器で混ぜ合わせ、1.を加えて混ぜる。

3.

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を熱し、2.の半量を流し入れて薄く広げ、上に桜えびの半量を全体に広げてのせる。中火で焼き色がつくまで焼き、裏返して鍋肌からオリーブオイル大さじ1/2を回し入れてこんがりと焼く。同じようにもう1枚焼く。

3.

3.を食べやすく切り、B.の材料を混ぜ合わせたタレを添える。

Point

じゃがいもをすりおろして加えることで、自然な甘みと風味の良い生地に仕上がります。