4月Vol.01:不老長寿の野草 八丈島の明日葉
大根のポトフ:640kcal

レシピを見る

八丈島の名産「明日葉」

八丈島に春を告げる"フリージア"

ほうれん草の栄養素を100としたときの明日葉の栄養素% 参考資料:五訂 食品成分表より

 「今日摘んでも、明日には芽を出す」という生命力の強さから、長寿、回春の霊薬として知られる明日葉。今回は、明日葉の原産地である自然豊かな八丈島を取材しました。

南国の別天地に自生する不老長寿の野草「明日葉」

 八丈島は伊豆諸島の最南端に位置し、東京からジェット機で45分の南方海上287kmに位置するひょうたんの形をした島です。
 黒潮の影響を受けた気候は年間平均気温約18℃と鹿児島を上回る温暖さ。フリージアやハイビスカスなど島を原色に彩る四季の花々やヤシ・シダ類の亜熱帯植物が自然のままに繁茂し、地形的には富士火山帯に属する火山島で温泉も多いことから、「花と緑と温泉の島」と呼ばれています。そのほか今では数少ない優れた草木染の手織物「黄八丈」などでも知られます。
 今月は、秦の始皇帝の命を受けた徐福が不老長寿の薬草を求めて八丈島へたどりついたと伝えられる明日葉を求めて、南国の別天地・八丈島を取材しました。

八丈島原産の「明日葉」

 明日葉は日本固有のセリ科の多年草です。主に八丈島をはじめとする伊豆諸島を中心に、房総半島、三浦半島、紀伊半島などが自生地ですが、別名「八丈草」ともいわれるように原産地は八丈島。これらの自生地は黒潮暖流の影響で冬は暖かく、夏は涼しく、年間降雨量が多い気候風土が特徴です。
 「今日摘んでも、明日には芽を出す」ことからその名がついたという明日葉ですが、実際には1日で新芽が出ることはありません。ただし、強靭で発育が速く、3~5月の最盛期には1週間前後で新芽を出す非常に生命力旺盛な植物です。
 明日葉は赤茎系、青茎系に分類され、八丈島の明日葉は最も純粋な青茎系が主体です。葉や茎が鮮やかな緑で、大きいものでは高さが1m以上にもなり、外観、味ともに優れています。
 八丈島では年間を通して栽培が行われていますが、現在では、明日葉の栄養的な価値が高く評価されるようになり、八丈島に似た気候と土壌を持つ東南アジアなど各国でも、栽培されるようになりました。

健康野菜として注目される栄養豊富な明日葉

 高齢者が多い八丈島では、古来より明日葉が食べられてきました。しかし、その栄養学的有用性が証明されたのは最近のことです。
 明日葉は、ほうれん草と比較しても、β-カロテンやビタミンCなどのビタミンやカルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富です。また、植物としては良質のタンパク質も含有するなど、優れた健康野菜といえるでしょう(左図)。
 近年では、明日葉特有の成分である「カルコン誘導体」の効果が明らかになり、特に注目されてきました。
 独特の苦味は天ぷらにすれば気になりません。また、ゆでて水にさらせばアクがとれ、和え物などいろいろな料理にも応用できます。野菜不足を感じたら、栄養豊富な明日葉料理に挑戦してみましょう。

写真提供:八丈島観光協会

今旬レシピ:ビタミン&ミネラルたっぷり 明日葉のかき揚げと菜飯

栄養成分(1人分)
エネルギー:640kcal
タンパク質:11.2g
脂質:17.4g
炭水化物:105.7g
塩分:1.6g

[材料(4人分)]

(明日葉のかき揚げ)

明日葉

・・・・・

1/2束(約80g)

じゃが芋

・・・・・

小1個

人参

・・・・・

1/4本

小麦粉

・・・・・

大さじ5

片栗粉

・・・・・

大さじ5

揚げ油

・・・・・

適宜

(菜飯)

温かいご飯

・・・・・

茶碗4杯分

桜海老

・・・・・

大さじ4

わかめ

・・・・・

少々

白ごま

・・・・・

大さじ2

ごま油

・・・・・

大さじ1/2

[作り方]

(明日葉のかき揚げ)

1.

明日葉の葉を摘み取り、じゃが芋、人参は千切りにしてボウルに入れる。小麦粉、片栗粉を振り入れてまぶし、水大さじ5~6を加えてよく混ぜ合わせる。

2.

揚げ油を180度に熱し1.をスプーンですくって入れ、カラリと揚げる。天つゆと大根おろし(分量外)などを添える。

(菜飯)

3.

1.で残った明日葉の茎は塩ゆでし、水気をよくきって細かく刻み、わかめも細かく刻む。

4.

フライパンにごま油を熱し、3.と桜海老、白ごまを入れて炒め、温かいご飯に混ぜ合わせる。好みで塩少々を加える

Point

衣は小麦粉と片栗粉を半々で用いるとカラリと揚がる。天つゆの代わりに、カレー粉と塩を合わせたカレー塩でもおいしい。