• メールで送る

第115回 ぷるぷるのコラーゲンを! カレイ

竹内冨貴子先生 [料理研究家・管理栄養士・女子栄養短期大学講師]

女子栄養大学栄養学部卒業後、母校の栄養クリニックに勤務。1977年に理論だけでなく実践面の料理指導も行いたいと、カロニック・ダイエットスクール開設。85年㈱カロニック・ダイエット・スタジオ設立。企業単位での栄養指導やテレビ、雑誌などで幅広く活躍中。『美に効くサラダ』(女子栄養大学出版部)など著書多数。

肌が疲れ気味のこの季節には、
肌が元気になる食材をいただきたいもの。
カレイには、コラーゲンが豊富に含まれており、消化が良くて胃腸にやさしいのも利点。
そのちからを上手に美味しくとり入れましょう。

特にエンガワ部分にはコラーゲンが豊富

葉のように薄い姿から漢字で「鰈(カレイ)」とか。マコガレイ、ホシガレイ、ヤナギムシガレイなど種類も多く、旬も様々なので、ほぼ通年で手に入りやすい魚です。

全身をくねらせて泳ぐカレイは、よく動かす上下のひれのつけ根の筋肉が発達しています。いわゆるエンガワと呼ばれる部分で、ぷるぷるとした弾力のある食感は、豊富に含まれるコラーゲンによるもの。また、皮や骨のまわりにもコラーゲンが多く含まれています。

コラーゲンは私たちの体を構成しているタンパク質の一種で、皮膚や骨、腱(けん)、血管などに多く見られます。特に毎日にハリや潤いを与えてくれる、嬉しい美容成分。食品などから積極的に摂ることで、若々しい毎日をサポートしてくれます。

疲れた胃腸にもやさしいヘルシーな白身魚

身は脂肪が少なく、良質のタンパク質が豊富。骨や歯に大切なカルシウムやビタミンD、エネルギーの代謝に必要なビタミンB2、神経の働きを支えるビタミンB12、味覚を正常に保つ亜鉛なども含まれています。

消化が良いので、胃腸が弱い人や、夏バテで体力の低下している人にもおすすめです。

美肌が期待できるビタミンCとの組み合わせ

カレイの代表的な食べ方に、刺し身や煮付け、唐揚げ、塩焼きなどがありますが、洋風のムニエルにしても美味です。

特におすすめしたいのが、レンコンやトマトなど、ビタミンCが豊富な食材との組み合わせ。美容には不可欠な、コラーゲンの生成をサポートします。

肌の健康のためにも、カレイを食卓にとり入れてみませんか。

皮も一緒に食べると美味!

溶け出たコラーゲンも美味しく カレイとレンコンの梅干し煮
材料(2人分)
カレイ(切り身)
・・・2切れ(200g)
レンコン
・・・・・70g
ショウガ
・・・・小1かけ
梅干し
・・・・・1個
三つ葉
・・・・・適宜
〈 煮汁 〉
・・・・・1~1と1/2 カップ
・・・・・1/4 カップ
しょうゆ、みりん
 
 
・・・・・各大さじ1と1/2~大さじ2
作り方
(1)
カレイは、皮目に包丁で浅く切れ目を入れる。
(2)
レンコンは皮をむき、水に漬けておく。ショウガは千切りに、梅干しは種をはずし、2等分にする。三つ葉は1.5cmの長さに切る。
(3)
煮汁の材料とショウガ、梅干しをフライパンに入れ中火にかける。
(4)
沸騰したらカレイを入れ、煮汁をかけながら1分ほど煮たら火をやや弱め、ペーパータオルかアルミホイルで落とし蓋をして、煮汁を時々かけながら7~8分煮る。
(5)
レンコンの水気をとり、ビニールの袋などに入れ、包丁の柄などでたたいて割る。
(6)
カレイにほとんど火が通ったら、(5)を加えて混ぜ、火を通す。皿にカレイ、レンコン、梅干しを盛り付け煮汁をかけ、三つ葉を飾る。

洋風の味付けも新鮮 カレイのムニエル ラビゴットソース

材料(2人分)
カレイ(切り身)
・・・2切れ(200g)
塩・こしょう
・・・・・各少々
小麦粉
・・・・適宜
エキストラ・ヴァージン・
 
オリーブオイル
・・大さじ1
〈 ラビゴットソース 〉
トマト(角切り)
・・・・・60g
キュウリ(角切り)
・・・・・30g
玉ネギ(みじん切り)
・・・・・10g
エキストラ・ヴァージン・
 
オリーブオイル
・・大さじ1
・・・・・大さじ1
ニンニク(すりおろし)
・・・小1/2かけ
塩・こしょう
・・・・・各少々
作り方
(1)
カレイは両面に塩・こしょうをふって小麦粉をまぶし、オリーブオイルを入れて中火で熱したフライパンで両面を焼き、中まで火を通す。
(2)
(1)を皿に盛り付け、ラビゴットソースの材料を混ぜて上にかける。レモンのくし切り(材料外)を添えても。

※梅干し煮とムニエルは、小さめのカレイを丸ごと使っても美味しく作れます(ぬめりやウロコ、内臓をとるなどの下処理が必要です)。

たるみ世代へ、上がる実感、さらに上がる贅沢な美容ドリンク おすすめ商品のご紹介

Liftage[リフタージュ]Liftage[リフタージュ]

何歳からでもキレイは立て直せる。自信だって復元できる。
年齢を越えて、若々しい自分であり続けるために。

詳しくはこちら