• メールで送る

食のちから 体を養い心を磨く 第16回:ブルーベリー

食のちから 体を養い心を磨く

取材協力/日本ブルーベリー協会
1994年、生産農家、自治体の指導者、学者、研究者、流通・加工関係者などの総意によって設立。ブルーベリーの栽培・育種から栄養・機能性および医療・医薬品などの分野について、学術・技術の両面から研究開発を進めている。
http://japanblueberry.com/

大地が育んだ健康成分の宝庫

ブルーベリーのさわやかな風味は、
生果でもジャムなどに加工しても美味しく、
欧米では古くから身近なフルーツとして
親しまれてきました。
果皮も種も一緒に食べられるブルーベリーは、
健康成分が多く含まれていることが分かっており、
デザートや料理のソースなどに応用して、
積極的に摂りたい果実です。

アメリカの開拓を支えた大地からの贈り物

 原産国アメリカでは、17世紀にヨーロッパから移住してきた祖先が、アメリカ北東部の厳しい寒さの中で、飢えや病気から身を守ることができたのは、先住民から分けてもらった野生種のブルーベリーのおかげであるといわれています。アメリカ人にとって、「命の恩人」とも呼ばれている、特別な木の実です。
 果皮も種も一緒に食べられるブルーベリーは、ビタミンC・Eや、亜鉛・マンガンなどのミネラル類の貴重な摂取源で、食物繊維の含有量も果実の中ではトップクラス。食卓に欠かせない食材として、アメリカの開拓とともに採取方法や食べ方が広まっていきました。

ジャムなら保存がきいて有効成分もたっぷり

 近年は国内栽培も盛んで、輸入品や冷凍果実を含めれば季節を問わず手に入りやすくなりました。
 生果でも美味ですが、アントシアニンの機能性は加工をしても変化が少ないので、ジャムにすれば保存がきき、料理にも応用できます。
 ブルーベリーは低木性で、庭やベランダでも比較的育てやすいので、家庭果樹としても楽しんでみてはいかがでしょうか。


blueberry さわやかな風味は乳製品や肉料理にも好相性

ブルーベリージャムは欧米では食卓の定番。凝縮した酸味と甘みは、デザートや料理のソースなどにも応用でき、さわやかなアクセントになります。

ブルーベリーのジャムの作り方

材料

ブルーベリー(生) ・・・ 250g
グラニュー糖 ・・・ 100g

作り方

  • 1.ブルーベリーを鍋に入れて弱火にかけ、焦がさないように時々木べらなどでかき混ぜながら10分ほど煮る。
  • 2.丁寧にアクをすくい、グラニュー糖を加えてさらに4~5分ほど、軽いとろみがつくまで煮詰める。

※冷凍のブルーベリーで作る場合は、凍ったまま鍋に入れて火にかけます。分量や作り方は同じですが、冷凍のものは水っぽく、固まりにくいのでレモンの輪切りを2枚ほど加えて煮ると良いでしょう。

ブルーベリーを使ったアイデアレシピ

※材料はいずれも4人分の目安です

ホタテとかぶのサラダ ~ブルーベリーとヨーグルトのドレッシング~

材料
ホタテ貝柱(刺身用) ・・・ 大4個
かぶ ・・・ 2個
A ジャム、オリーブオイル ・・・ 各大さじ1
プレーンヨーグルト ・・・ 大さじ4
レモン汁 ・・・ 小さじ1
・・・ 適量
作り方
  • 1.塩、こしょうをしたホタテは、オリーブオイル少々を熱したフライパンでさっと焼き、半分に切る。
  • 2.かぶは、皮をむき8等分のくし型に切り、やわらかくゆでる。
  • 3.12を器に盛り、あらかじめ混ぜ合わせたAを食べる直前にかける。

牛肉のペッパーたたき ~ブルーベリーソース~

材料
たたき用ブロック(もも肉) ・・・ 300g
玉ねぎ ・・・ 1/2個
ジャム、オリーブオイル ・・・ 1/2束
A ジャム ・・・ 大さじ2
赤ワイン、しょうゆ ・・・ 各1/3カップ
作り方
  • 1.玉ねぎはスライスし、水にさらす。水菜は食べやすく切る。
  • 2.牛肉は室温に戻し、塩、粗挽き黒こしょうをふる。オリーブオイル少々を熱したフライパンで表面に焼き色が付いたら取り出し、ホイルに包んで粗熱をとる。
  • 3.牛肉を焼いたフライパンにあらかじめ混ぜ合わせたAを入れ軽く煮立てる。
  • 4.薄切りにした2を器に盛り、1を添えて3をかける。

ブルーベリーのティラミス

材料
クリームチーズ ・・・ 200g
生クリーム ・・・ 100mL
カステラ ・・・ 2切れ
ココアパウダー ・・・ 適量
A ジャム ・・・ 大さじ3
はちみつ ・・・ 大さじ2
B インスタントコーヒー ・・・ 大さじ1
100mLのお湯で溶く    
作り方
  • 1.室温に戻したクリームチーズと泡立てた生クリームとAを混ぜ合わせる。
  • 2.ひと口大のカステラを器に敷き詰め、Bをかけ、1を流し入れ、茶こしでココアパウダーを振る。
  • 3.2を冷蔵庫で1時間ほど冷やす。