ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

肥満のはかりかた

BMI

そこで、比較的正確かつ簡単に体脂肪量を推定する方法として、「BMI(ビーエムアイ);ボディ・マス・インデックス*」が国際的に用いられてきました。(日本語では「体格指数たいかくしすう」といいます。)BMIは、体重だけでなく身長を組み合わせた判定方法で、以下の計算式で求められます。

アスリートのような特殊な体格の人を除いては、身長に対して体重がどれくらいあるかをみれば、だいたいの脂肪の蓄積量を推定することができます。いまのところBMIは、体脂肪量をもっともよく反映する指数といわれています。

また、太りすぎは様々な病気を合併することが多く、病気になる確率が医学的にもっとも低くなるBMIを統計的にもとめると、男女ともに BMI=22 となることがわかり、BMI=22となる体重「標準体重」と呼ぶようになりました。

*BMI法は、世界保健機構(WHO)および国際肥満研究連合(IASO)でも用いられている国際的な基準であり、日本肥満学会でも用いられるようになりました。

BMI=22より23、22より21のほうが病気になりやすい、というわけではありません。BMI=22の近辺、具体的には18.5から25の間であれば、肥満が原因で病気になったり、栄養状態が悪いと判断されたりすることはないとされ、ここに属する体重を「普通体重」と呼んでいます。

また、BMI=22、すなわち標準体重が、そのままそのひとのベスト体重になるわけではありません。身長が同じでも、骨格の感じや骨の太さ、乳房の大きさなどが人それぞれであることを考えれば、体重には個人差があって当たり前。標準体重はあくまでも参考としてとらえ、ご自分のベスト体重、つまり「もっとも元気に気持ちよく生活できる体重」を見つけましょう。

ページトップへ

肥満の判定

BMIが25以上。これが「肥満」の基準です。日本肥満学会やWHO(世界保健機構)では、BMIの値によって、肥満の度合いを以下のように分けています。

BMI 日本肥満学会基準 WHO基準
18.5未満 低体重 Underweight :低体重
18.5以上 25未満 普通体重 Normal range :普通体重
25以上 30未満 肥満(1度) Preobese :過体重
30以上 35未満 肥満(2度) Obese classⅠ :Ⅰ度肥満
35以上 40未満 肥満(3度) Obese classⅡ :Ⅱ度肥満
40以上 肥満(4度) Obese classⅢ :Ⅲ度肥満

ページトップへ