ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

体型

最近は、どのくらい太っているかという「程度」だけでなく、どのように太っているかという「太り方」、すなわち「体型」が重視されるようになってきました。体脂肪の分布、つまりカラダのどこに脂肪が多くついているかということが重要であることが、だんだんわかってきたのです。

「りんご型」と「洋ナシ型」

内臓脂肪が多くなると、おなか(ウエスト)周りがせり出してくるので、俗に「りんご型」とも呼ばれます。同じ脂肪でも体脂肪が多い場合は、お尻や太もも(下半身)に脂肪がつくので、「下半身型」、俗に「洋ナシ型」と呼ばれます。こちらは女性に多い体型ですが、妊娠や出産の際に大事な役目を果たす脂肪ですから、肥満度が高くなければそれほど気にする必要はありません。

まず体型を見てどこに脂肪がついているか(上半身型/下半身型)を判断し、上半身型であれば内臓脂肪の蓄積が疑われるので、さらにCTスキャン*で内臓脂肪の面積を測ります。この面積が100cm2以上であると、「内臓脂肪型肥満」と判定されます

  おなか周りに
脂肪がつくタイプ
お尻や太ももに
脂肪がつくタイプ
腹囲(おなか周り) 男性:85cm以上・
女性90cm以上
男性:85cm未満・
女性90cm未満
体型からの判定 上半身型 下半身型
俗に リンゴ型 洋ナシ型
内臓脂肪面積
(CTスキャン)
100cm2以上 100cm2未満
内臓脂肪面積による判定 内臓脂肪型肥満 皮下脂肪型肥満
病気のリスク 高い 低い

内臓脂肪の面積は、正確にはCTスキャンやMRI* で測らなければならず大がかりな感じがしますが、実際は、おなか周り(腹囲)と内臓脂肪の面積はほぼ比例するので、腹囲だけでも判断できます。内臓脂肪100cm2に相当する腹囲が、だいたい女性90cm、男性85cmです。

*X 線装置とコンピューターを組み合わせた医療機器。X 線を360度回転しながら照射して人体の横断面を撮影、各方向からの像をコンピューターで処理して、その平面の画像を得る。X 線のほか、粒子線・超音波などを用いたものもある。

*人体の細胞がもつ磁気を、核磁気共鳴を利用して検出し、その情報をコンピューターにより画像化する診断法。生体に害を与えず、任意の断層像や、軟らかい組織を診断できる。

☆★doughnuts time★☆ おなか周りを測ってみよう!

両足を揃えて立ち、人に測ってもらう場合は両手をカラダの脇に自然に下ろします。
おへその位置に巻尺(メジャー)を巻きます。ポイントは2点。

  1. 巻尺が床と水平になっているか
  2. きつくくい込まないように

衣服を着けない状態で、おなかに力を入れずに、軽く息を吐いた状態で測ります。
食事の影響を受けないように、空腹時に測定しましょう。

ページトップへ

WHR

内臓脂肪がたまりすぎていないかどうかをチェックするためのもう一つの指標として、「WHR(ダブルエイチアール);ウエスト/ヒップ比」があります。ウエスト(おなか周り)とヒップ(腰周り;お尻のいちばん高い位置を通る寸法)を測り、ヒップに対してウエストがどれくらいあるかを見るものです。いわゆる「くびれ度」とお考えください。WHRが小さいほど、「くびれて」いることになります。

ヒップの内側には内臓があまりないので、内臓脂肪が多くても少なくてもヒップのサイズはあまり変わりません。一方、ウエストは内臓脂肪の量によってサイズが大きく変化します。よってWHRを測ることにより、体格に左右されずに内臓脂肪の量を推定することができます。

日本人では、男性で1、女性で0.8*を超えると、内臓脂肪型肥満が疑われます。

☆★doughnuts time★☆ 太ってないのにハイリスク?!「かくれ肥満」

見かけ上は必ずしも太っているわけではなく、BMIも標準の範囲内であるのに、内臓脂肪が多くたまっている人が、最近増えてきているようです。このような「かくれ肥満」は、どのように判定したらよいのでしょう?

まず一つは、WHRの変化を観察することです。内臓脂肪が増えてもヒップの大きさはそう変わりませんから、WHRが大きくなった!ということがあれば、内臓脂肪の増加が疑われます。

もう一つは、肥満の人で高まるリスクファクターなどが高まっていないかどうか。もし高いようであれば、内臓脂肪が多すぎるよというサインかもしれません。自分のおなかと健康診断の結果を、時には見比べてみるとよいでしょう。

*民族間で体型の差異が大きいため基準値は各国で異なる。とくに女性の体型は欧米人-日本人間で差異が顕著。

ページトップへ

ページトップへ