ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

目標設定

脂肪と肥満、この二つを理解はしたものの、双方どのように折り合いをつけていけばいいのでしょう?

まず、減らしたいのは「体脂肪」だということを再確認しましょう。汗や尿が出ただけでも体重は減ります。体重計の動きに一喜一憂せず、「体脂肪を減らすのは大変であたりまえ。」とゆったり構えて長期的に取り組むのが、結局はいちばんの早道です。

さて、体脂肪を減らすのはどれくらい大変なのでしょう?

体脂肪1kgに含まれるエネルギーは、約7000kcalです。つまり体脂肪を1kg減らすには、7000kcalの摂取エネルギーをマイナスにするか、消費エネルギーを7000kcalプラスする必要があります。

毎日ごはんを1杯(240kcal)減らすことを続けると、7000kcalのマイナスになるには29日かかります。ごはんを2杯減らすペースでも2週間かかるわけです。うまく食べる量をセーブできた日があっても、外食をしたりして多く食べる日もあるでしょうから、平均して1日2杯を減らしていくのはけっこう大変なことです。

運動で7000kcalを消費しようとすると、ウォーキングを毎日30分続けて70日、ジョギングを毎日30分続けて2週間かかります。「みるみるやせる」「ラクチンにやせる」人なんていないのです。

この例から考えても、減量のペースは1~2kgに設定するのがベストです。ゆっくりすぎてつまらない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これ以上のペースだと、まずダイエットが「楽しくなくなる」可能性大です。グラフの線はゆるやかでも、だんだんとスマートで快適になる自分のカラダをいとおしみながら行いましょう。

ページトップへ