ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

お酒

「酒は百薬の長」という言葉もあるように、適量のお酒は人をストレスから解放し、心をのびのびとさせてくれる元気のもとです。食事を美味しくする素敵な演出のひとつになることもあります。お酒はもちろん高カロリー、ダイエットの敵ですが、いけないのはお酒そのものというよりも、飲む量が多すぎる場合や飲む時間が夜遅い場合、脂っこいおつまみ、また、食事の時間が長くなるので知らず知らずのうちに食べ過ぎていたり、お酒の後のラーメンだったり・・・。1日の適正量は、缶ビール(500ml)1本、水割り1杯、日本酒1合であることもきちんと知りながら、お酒の「まわり」にもちょっと注意を払いつつ楽しんでください。そしてダイエット中は、今日飲んだから明日は飲まない、など、休肝日をいつもより多めにとるように心がけましょう。

ページトップへ