ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

基礎代謝を上げる

私たちが毎日消費する消費エネルギーの半分以上(6~7割)を占めるのが基礎代謝です。ですから基礎代謝の大小は消費エネルギーの大小にそのままつながり、同じものを食べても太るか太らないかといった体質的なことに直接関わってきます。基礎代謝は年齢・性別により大きく異なり、一般的には年齢を重ねるとともに低下しますが、正しい食生活や運動により、低下を食い止めたり、低下している基礎代謝を元に戻すことは可能です。

私たちのカラダには全身にカラダを支える「筋肉」がはりめぐらされています。そのおかげで私たちはカラダを動かして活動することができますし、内臓も筋肉でできており、1分たりとも休まず動いてくれています。基礎代謝を上げるのに最も効果的だといわれているのは、この「筋肉」を増やすこと。内臓の筋肉は意図的に鍛えることができませんが、カラダを支える骨格筋(背中や手足の筋肉のこと)は増やすことができます。筋肉の細胞は活動していないときでも多くのエネルギーを必要としますので、筋肉が増えれば基礎代謝は上がります。また、ただ立っているだけでも筋肉は緊張してカラダを支えるため、けっこう多くのエネルギーを消費しています。筋肉が多くなれば、その分ちょっとした活動で使われるエネルギーも増えます。ジョギングやウォーキングをしてもその時消費されるカロリーはちょっぴりですが、運動により筋肉が少しずつ増えていけば、毎日知らずに消費されるエネルギーが着実に増えていくのです。

また、基礎代謝は体温が1℃上昇すると約13%も高まるといわれています。体温を上げることも、基礎代謝を上げるためには有効です。もちろん、風邪や炎症による発熱の場合はウイルスを高温でやっつけるための非常事態ですから喜んでいられませんが、平熱の低い低体温の人などは、基礎代謝が低下している可能性が充分にあります。低体温の原因など詳細はまだ未解明の部分も多いのですが、エアコンの使いすぎや運動不足、睡眠不足などが関わっているともいわれます。カラダを冷やさない、温める方法をいろいろと試してみるのもよいでしょう。

ページトップへ