ダイエット情報館

ダイエットのための「カラダ」と「栄養学」基礎 賢くやせ、気持ちよく生きるための「大人の食育」

低インスリン(インシュリン)ダイエット

インスリンは、血液中の糖を(おもに肝臓の)細胞に取り込み、エネルギー源としてたくわえるはたらきをするホルモンです。インスリンが分泌されると血液中の糖が回収されるので、血糖値(血液中の糖の濃度)が下がります。

インスリンにはまた、余分な糖を中性脂肪としてたくわえるはたらきがあります。よってインスリンの分泌を少なく抑えれば、余分な糖が脂肪になりにくく、結果として太りにくくなると考えられます。この考え方に基づいて、インスリンの分泌を意図的に抑えるような食生活をするのが「低インスリンダイエット」です。

低インスリンダイエットでは、食品ごとにGI値(グリセミック・インデックス)という数値が定められ、GI値のなるべく低い食品を食べるようすすめられます。GI値は、その食品を食べたときの血糖値の上がり方を表しており、GI値が高いほど血糖値が上がる→インスリンがたくさん分泌される、と考えられています。GI値はブドウ糖を100として相対的に数値化され、ごはん(白米)や精白パン、ジャガイモ、にんじんなどはGI値の高い食品、玄米やライ麦パン、パスタ、シリアルなどはGI値の低い食品とされています。

本来の低インスリンダイエットは、同じ炭水化物をとるなら白米→玄米やパスタに、精白パン→ライ麦パンに、といったように、GI値のなるべく低い食材にシフトする方法であり、食べてはいけないものはありません。しかしそれが転じて、高GI値のものを「食べてはいけないもの」として避けたり、GI値のとても低い野菜や海藻ばかり食べたりするような誤解が生じてきました。GI値ばかりに気をとられて、その食品にどんな栄養素が含まれているかをまったく考えない人も出てきたのです。低GI食品ならいくら食べても太らない、と報じたTV番組もあったようですが、当然のことながら、トータルの摂取カロリーが多ければ、低GI食でも太ります。

正しい低インスリンダイエットを行うには、まず栄養バランスのとれた献立を考えた上で、その中の食材を低GI値のものに切り替えていく必要があります。食品のカロリーのみならずGI値まで把握しておくことは困難ですし、GI値にとらわれて毎日の食べるものが偏らないよう注意しなくてはなりません。また、この食事を3ヶ月以上は続けなくてはいけないともいわれており、素人が行うにはかなり難易度の高いダイエットといえそうです。

ページトップへ