TOPMAN-indexWOMAN-index
04 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 腰まわりの筋肉バランスを整えて腰痛を予防しよう!
〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ!
腰まわりの筋肉バランスを整えて腰痛を予防しよう!
04 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 腰まわりの筋肉バランスを整えて腰痛を予防しよう!

 こんにちは、ティップネスの岡幸代です。
寒い季節になると腰が気になって不安という方もいらっしゃるかもしれません。腰痛の要因はさまざまですが、腰まわりの柔軟性の低下や筋肉のアンバランスは、日常の動きに影響を与え、腰への負担となることがあります。自分の体に自信を持てるよう、バランスを整えておくことが大切です。特に秋から冬への変わり目は注意して予防ケアをしておきましょう。



腰痛予防のポイントは?
・体の前側(お腹、太ももの前)の筋肉を伸ばし、柔軟性を高める
・お尻、股関節まわりの筋肉をほぐし、脚の動きを良くする


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
腰痛予防エクササイズ1
体の前側(お腹・太もも前)の柔軟性を高め、お尻の筋肉を活性化します。
1
【1】
仰向けになる。かかとの上に膝がくるように膝を曲げ、足、膝は腰幅に開く。
ココがポイント!
1
つま先と膝が同じ方向に向くように。
ココに注意!
1 1
膝をくっつけたり、つま先を開いたりしないように。
1
【2】
息を吸いながら、おへそが天井方向へ上がるイメージで腰を持ち上げる。
1
【3】
息を吐きながら、【1】に戻る。
セット数
5回×2セット。
まとめ
まとめ
アゴと鎖骨が近づくように、腰を上げられるだけ上げて体の前側を伸ばしましょう。
腰痛予防エクササイズ2
お尻、股関節まわりの筋肉をほぐし、脚の動きを良くします。
1
【1】
仰向けになる。両膝を曲げて準備する。
1
【2】
左足を右脚の上に乗せる。
1
【3】
上に乗せている左膝を外へ押し出す。
1
【4】
左膝を外へ押し出したままの状態で両脚を持ち上げ、右太ももの裏側に両手を回して持つ。
1
【5】
手を引いて、両脚を胸に引き寄せる。10秒キープ。
ココに注意!
1
首が上がらないように注意。
< 簡 易 編 >
1
引き寄せるのが難しい場合は、【4】のまま10秒キープ。
セット数
10秒キープ(反対側も行う)×1セット。
まとめ
まとめ
乗せている方の脚の膝を外へ押し出しながら行うのがポイントです。

次回は「内臓の調子を整える」をご紹介します。お楽しみに!

岡幸代(おか・さちよ)
岡幸代(おか・さちよ)
スタジオインストラクター。ティップネス店舗にてグループレッスンや個別運動指導を経験後、ヨガトレーナーへの指導も行っている。雑誌や書籍、DVDなどでも活躍中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ