TOPMAN-indexWOMAN-index
15 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 全身の筋力をアップして若々しいカラダに。
〜心身のコンディショニングに〜
お悩みスッキリエクササイズ!

全身の筋力をアップして若々しいカラダに。
15 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 全身の筋力をアップして若々しいカラダに。

 こんにちは、ティップネスの柴田直樹です。
気候のいい秋は行楽やスポーツにぴったりのシーズンですね。積極的に行楽やスポーツを楽しむには体力が欠かせません。筋力の低下は「姿勢」に現れます。正しい姿勢を保つ筋肉を強化することで体力も見た目も若々しさをキープできます。また大きな筋肉のある下半身を強化することも体力アップに効果的です。



若々しさをキープするポイントは?
・姿勢を整える筋肉を強化する
・代謝の上がりやすい下半身の筋力を強化する


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
若々しさをキープするエクササイズ1
姿勢を整える腰まわり、お尻の筋肉を強化します。
1
【1】
うつ伏せになる。手は肩幅、足は腰幅に開く。
1
【2】
右腕、左脚を伸ばしたまま3秒かけてゆっくり持ち上げる。
ココがポイント!
1 1
OK=胸、太ももが床から離れるように背面の筋肉を使う。
NG=手だけ、足だけを上げてもあまり筋肉に効かないので注意。
1
【3】
3秒かけてゆっくり下ろす。
1
【4】
次に左腕、右脚を伸ばしたまま3秒かけてゆっくり持ち上げて、ゆっくり下ろす。
セット数
交互に10回×1セット。
ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス
反動をつけずにゆっくり大きく動かしましょう。
若々しさをキープするエクササイズ2
太ももとお尻の筋肉を強化し代謝を高めます。
1
【1】
足は肩幅よりも広く開き、つま先を45度外へ開いて立つ。両手は前で軽く組んでおく。
1
【2】
しっかり腰を真下に落とす。
ココがポイント!
1
OK=膝がつま先より前に出ないように、股関節を曲げて腰を真下に落とす。
NG=上体が前に倒れないように注意。
1
【3】
スイングしながら斜め右後ろへ伸び上がる。
ココがポイント!
1
左足のかかとを上げて、大きく伸び上がる。
1
【4】
【2】に戻る。
1
【5】
スイングしながら斜め左後ろへ伸び上がる。
セット数
交互に10回×1セット。
まとめ
まとめ
体をねじるようになるべく大きく動かしましょう。

次回は「冬に強い体作り」をご紹介します。お楽しみに!

柴田直樹(しばた・なおき)
柴田直樹(しばた・なおき)
ティップネス丸の内スタイルジムチーフ。ジムの運営やトレーナー育成に携わりながら、自身もトレーナー、スタジオインストラクター、企業フィットネス講師として活躍。フリークライミングは四段で各地の岩場や大会で活動中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ