TOPMAN-indexWOMAN-index
17 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 寝る前と起きた時の3分の習慣でスッキリ目覚めのいい朝に。
〜心身のコンディショニングに〜
お悩みスッキリエクササイズ!

寝る前と起きた時の3分の習慣でスッキリ目覚めのいい朝に。
17 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 寝る前と起きた時の3分の習慣でスッキリ目覚めのいい朝に。

 こんにちは、ティップネスの柴田直樹です。
寒い朝はなかなか布団から出られないものですが、スッキリ目覚めて1日を気持ちよく過ごしたいですね。寝る前と起きた時に少しの習慣を取り入れることで、スッキリした目覚めを促すことができます。寝る前に大切なのは、体をゆるめて副交感神経を優位にすること。寝返りもしやすくなり、睡眠の質の改善につながります。一方、起きた時は伸び上がる動きをして交感神経を刺激すると目覚めモードにスイッチできます。どちらも3分ほどでできるので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてください。



スッキリ目覚めるポイントは?
・寝る前に体をゆるめ副交感神経を優位にする
・起きた時に伸び上がる動きをして交感神経を刺激する


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
スッキリ目覚めるエクササイズ1
寝る前に背中からお尻まわりの筋肉をゆるめ、副交感神経を優位にします。
1
【1】
仰向けになり、膝を曲げる。
1
【2】
両手で両膝を抱える。
1
【3】
膝を引き寄せ、太ももを胸に近づける。【2】【3】の動きを5回繰り返す。
ココがポイント!
1
お尻が床から離れるように腰を丸めること。
1
【4】
手をゆるめてお尻を戻す。次に膝を抱えたまま、少し右側に体を傾ける。
1
【5】
中央に戻り、少し左側に体を傾ける。左右交互に10回行う。
セット数
腰を丸める動きを5回。左右横に揺れる動きを交互に10回。
ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス
左右に揺れるときは横に倒れてしまわないよう、少しの動きでOKです。
スッキリ目覚めるエクササイズ2
起きた時に伸び上がる動きを行い、交感神経を刺激し筋肉を目覚めさせます。
1
【1】
足は肩幅に開いて立つ。
1
【2】
両手を親指が後方に向くように頭上にあげる。
ココがポイント!
1
OK=胸を張るようなイメージで腕を後ろに引く。
NG=腰が反らないように注意。
1
【3】
次に両手を下ろして小指が後方に向くように腕を後ろに引く。
1
【4】
両手のひらを腰に置く。
1
【5】
肩甲骨を引き締める。
ココがポイント!
1
肘を寄せるようにして肩甲骨に力を入れる。
セット数
一連の動きを10回×1セット。
まとめ
まとめ
肘を寄せるときに、筋肉にギュッと力を入れると目覚めにつながります。

次回は「太りにくい体づくり」をご紹介します。お楽しみに!

柴田直樹(しばた・なおき)
柴田直樹(しばた・なおき)
ティップネス丸の内スタイルジムチーフ。ジムの運営やトレーナー育成に携わりながら、自身もトレーナー、スタジオインストラクター、企業フィットネス講師として活躍。フリークライミングは四段で各地の岩場や大会で活動中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ