TOPMAN-indexWOMAN-index
18 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 太りにくい体づくりには「代謝アップ」が成功の秘訣です。
〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ!
いつまでも颯爽と歩くにはお尻の筋力が肝心です!
20 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! いつまでも颯爽と歩くにはお尻の筋力が肝心です!

 こんにちは、ティップネスの岡幸代です。
日常生活はもちろん、旅行やスポーツなどを楽しむためにも丈夫な足腰を維持したいものです。そこで肝心なのが「お尻の筋力」。お尻が垂れてきたら足腰が弱ってきたサインでもあります。お尻の筋力が低下すると、腰や膝まわりの筋肉にも影響し、膝痛や腰痛につながることも。いつまでも颯爽と歩き続けられる力をつけるために、お尻の筋力をつけておきましょう。



丈夫な足腰を維持するポイントは?
・お尻の後ろ側の筋肉を鍛え、股関節の動きをスムーズにする
・お尻の横の筋肉を鍛え、骨盤を安定させる


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
丈夫な足腰を維持するエクササイズ1
お尻の後ろ側の筋肉を鍛え、股関節の動きをスムーズにします。
1
【1】
肩の下に手、股関節の下に膝が来るように四つん這いになる。
1
【2】
右膝を伸ばす。
1
【3】
骨盤は床と平行を保ち、右脚を伸ばしたまま、お尻の高さくらいまで引き上げる。
ココに注意!
1 1
膝を曲げない。骨盤が開かないように。
1
【4】
右つま先が床につく手前くらいまで下ろす。【3】【4】を繰り返す。
セット数
10回×1セット(反対側も行う)。
まとめ
まとめ
お尻から脚の付け根にかけての筋肉が刺激されるのを意識しましょう。
丈夫な足腰を維持するエクササイズ2
お尻の横の筋肉を鍛え、骨盤を安定させてバランス力をつけます。
1
【1】
足を揃えて立つ。
1
【2】
右足を左膝の高さまで引き上げる。
1
【3】
胸の前で手を合わせる。
1
【4】
右膝を外に開く。
1
【5】
【3】に戻す。【3】【4】を繰り返す。
< 簡 易 編 >
1 1 1 1
ふらつく場合は軽く右膝を曲げ、右つま先を床につけた状態で行いましょう。
セット数
5回×2セット(反対側も行う)。
まとめ
まとめ
引き上げた足を軸足から離さないように行いましょう。

次回は「頭も体もスッキリ軽やかに」をご紹介します。お楽しみに!

岡幸代(おか・さちよ)
岡幸代(おか・さちよ)
スタジオインストラクター。ティップネス店舗にてグループレッスンや個別運動指導を経験後、ヨガトレーナーへの指導も行っている。雑誌や書籍、DVDなどでも活躍中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ