TOPMAN-indexWOMAN-index
21 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 運動で“幸せホルモン”を増やして心身ともにスッキリ軽やかな春に!
〜心身のコンディショニングに〜
お悩みスッキリエクササイズ!

運動で“幸せホルモン”を増やして心身ともにスッキリ軽やかな春に!
21 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 運動で“幸せホルモン”を増やして心身ともにスッキリ軽やかな春に!

 こんにちは、ティップネスの柴田直樹です。
春は気候や生活環境の変化で、ストレスがかかりやすい季節。ストレスがたまると、幸せホルモンとも呼ばれる脳内ホルモン「セロトニン」が不足してイライラや不安感の原因になります。「セロトニン」の多くは腸で分泌されます。 腸を活性化する運動で腸内環境をよくして、セロトニンの分泌を促しましょう。セロトニンは太陽の光がスイッチとなり分泌がスタートするので、午前中に行うのがおすすめです。



幸せホルモン「セロトニン」を増やすポイントは?
・腸まわりの筋肉を刺激し腸を活性化する
・リズム運動でセロトニンの分泌を促す


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
心身ともにスッキリエクササイズ1
リズムよくウエストを捻る動きで、腸を刺激します。太もも裏のストレッチ効果もあります。
1
【1】
足を腰幅に開き、両手は肩の高さで横に広げて準備する。
1
【2】
左かかとを1歩前に出し、同時に右手で左膝の外側をタッチする。
ココがポイント!
1
OK=胸を張って背中はまっすぐに。
NG=背中が丸くならないように。
1
【3】
1に戻る。
1
【4】
右かかとを1歩前に出し、同時に左手で右膝の外側をタッチする。
セット数
左右交互に10回×1セット。
ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス
お腹まわりを捻る動きを意識しながら、テンポよく行いましょう。
心身ともにスッキリエクササイズ2
体側の筋肉を刺激し、血流を促して腸を活性化します。
1
【1】
足は腰幅に開く。両手を耳の後ろに添え、肘は左右に開いて準備する。
1
【2】
左肘と左膝を近づける。
ココがポイント!
1
OK=体の横で肘と膝を近づける。
NG=体の前側にならないように。
1
【3】
【1】に戻る。
1
【4】
反対側も行う。
セット数
左右交互に10回×1セット。
まとめ
まとめ
お腹の横の筋肉を縮めることを意識して行いましょう。

次回は「元気な膝でウォーキング」をご紹介します。お楽しみに!

柴田直樹(しばた・なおき)
柴田直樹(しばた・なおき)
ティップ・クロスTOKYO渋谷エクササイズチーフ。ジムの運営やトレーナー育成に携わりながら、自身もトレーナー、スタジオインストラクター、企業フィットネス講師として活躍。フリークライミングは四段で各地の岩場や大会で活動中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ