TOPMAN-indexWOMAN-index
26 エクササイズのプロ ティップネスが教える ~心身のコンディショニングに~お悩みスッキリエクササイズ! とれない夏の疲れ、自律神経の乱れかも?運動でバランスを整えましょう。
~心身のコンディショニングに~お悩みスッキリエクササイズ!
とれない夏の疲れ、自律神経の乱れかも?運動でバランスを整えましょう。
26 エクササイズのプロ ティップネスが教える ~心身のコンディショニングに~お悩みスッキリエクササイズ! とれない夏の疲れ、自律神経の乱れかも?運動でバランスを整えましょう。

 こんにちは、ティップネスの岡幸代です。
夏の間は冷房による室内と屋外の温度差ストレスから、自律神経が乱れがち。夏の疲れを残さないよう、秋のはじめにしっかりと体調を整えることが大切です。自律神経には体をオンにする交感神経とオフにする副交感神経があります。通常は自然にオンとオフの調整ができますが、ストレスによって自律神経バランスが乱れると、血行不良になり体が冷えて内臓機能が衰え、疲れがとれにくくなります。今回は、自律神経を刺激してバランスを整えるストレッチをご紹介します。



自律神経の乱れを整えるポイントは?
・大きく動かしながらストレッチして交感神経を刺激する
・ゆっくりストレッチして副交感神経を刺激する


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
自律神経の乱れを整えるストレッチ1
上体を大きく動かしながら背骨や体側を伸ばして、交感神経を刺激します。
1
【1】
椅子を用意する。足は腰幅に開いて楽に座る。
1
【2】
胸の前で手の甲を合わせるように背中を丸める。
ココがポイント!
1
おへそを覗くように背中を丸める。
1
【3】
肩甲骨を寄せるように肘を引いて胸を張る。
ココがポイント!
1
しっかり肘を後ろへ引き、胸を張る。
1
【4】
右手を頭の上へ上げて、脇を伸ばす。
1
【5】
手を戻したら、胸の前で手の甲を合わせるように背中を丸める。
1
【6】
肩甲骨を寄せるように肘を引いて胸を張る。
1
【7】
左手を頭の上へ上げて、脇を伸ばす。
1
【8】
手を戻したら、胸の前で手の甲を合わせるように背中を丸める。
1
【9】
肩甲骨を寄せるように肘を引いて胸を張る。
セット数
一連の動き×2セット。
まとめ
まとめ
息を止めず大きく深呼吸をしながら、思い切り大袈裟に体を動かしましょう。
自律神経の乱れを整えるストレッチ2
上体をゆっくりねじることで、お腹まわりの筋肉を伸ばして、副交感神経を刺激します。
1
【1】
椅子を用意する。浅めに座り、足は腰幅に開く。
1
【2】
右足を少し外に開く。左足は左側に伸ばしてつま先を天井に向け、かかとを床につける。両手は右太もも上に置く。
1
【3】
息を吐きながら、右手は椅子の背側に、左手は右太もも横に置いて上体をゆっくり右方向へねじる。10秒キープ。
ココがポイント!
1 1
OK=骨盤を立てた状態で、軸はまっすぐ。
NG=腰が丸くならないように。
セット数
10秒キープ×1セット(反対側も行う)。
まとめ
まとめ
伸ばしている足のかかとで踏ん張り、内ももからお腹まわりが伸びて刺激が入っているのを感じましょう。

次回は「腰痛予防ストレッチ」をご紹介します。お楽しみに!

岡幸代(おか・さちよ)
岡幸代(おか・さちよ)
スタジオインストラクター。ティップネス店舗にてグループレッスンや個別運動指導を経験後、ヨガトレーナーへの指導も行っている。雑誌や書籍、DVDなどでも活躍中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ