TOPMAN-indexWOMAN-index
31 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 質の良い睡眠のためにおやすみ前のリラックスストレッチ
〜心身のコンディショニングに〜
お悩みスッキリエクササイズ!

質の良い睡眠のためにおやすみ前のリラックスストレッチ
31 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! 質の良い睡眠のためにおやすみ前のリラックスストレッチ

 こんにちは、ティップネスの柴田直樹です。
寝床に入ってもなかなか寝付けない。朝、スッキリと起きられない。そんな状態がある方は、質の良い睡眠から遠ざかっているかもしれません。睡眠の質に関係するのが、体をリラックスさせる働きのある副交感神経です。副交感神経は年齢とともに働きが低下してしまいます。改善するには、血行を良くすることが大切です。そこで今回は神経の多く通っている股関節と背中まわりをほぐして血行を良くするストレッチを紹介します。寝る前に行うのがおすすめです。



睡眠の質を良くするポイントは?
・血行を良くし、副交感神経の働きを高める


すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
睡眠の質を良くするストレッチ1
股関節、脊柱まわりの筋肉を伸ばし、血行を良くします。
1
【1】
あぐらになる。両足の裏を合わせて手前に引き寄せる。
ココがポイント!
1
なるべく手前に引き寄せると、より股関節まわりに刺激が入る。
1
【2】
頭を下げて背中を丸める。20秒キープ。
ココがポイント!
1
あごを引いて、おへそを覗くように背中を丸める。
セット数
20秒キープ×1セット。
ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス
深く呼吸をしながら、股関節と脊柱まわりが伸びているのを感じましょう。
睡眠の質を良くするストレッチ2
脊柱まわりの筋肉をほぐし、副交感神経の働きを高めます。
1
【1】
うつ伏せになり、あごの下に両手を重ねて置く。
1
【2】
両足を持ち上げて足と膝をくっつける。
1
【3】
足と膝をくっつけたまま右側に倒す。
ココに注意!
1
足と膝が離れないように。
1
【4】
【2】に戻し、足と膝をくっつけたまま左側に倒す。
ココに注意!
1
胸が床から浮かないように。
セット数
一連の動き(左右往復を1回として)を10回×1セット。
まとめ
まとめ
ゆったり自分のペースで行いましょう。背中まわりのコリもほぐれて眠りに入りやすくなります。

次回は「やる気・集中力アップ」をご紹介します。お楽しみに!

柴田直樹(しばた・なおき)
柴田直樹(しばた・なおき)
ティップ・クロスTOKYO渋谷エクササイズチーフ。ジムの運営やトレーナー育成に携わりながら、自身もトレーナー、スタジオインストラクター、企業フィットネス講師として活躍。フリークライミングは四段で各地の岩場や大会で活動中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ