TOPMAN-indexWOMAN-index
35 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! O脚を予防・改善していつまでも元気に歩ける健康な脚に!
〜心身のコンディショニングに〜
お悩みスッキリエクササイズ!

O脚を予防・改善していつまでも元気に歩ける健康な脚に!
35 エクササイズのプロ ティップネスが教える 〜心身のコンディショニングに〜お悩みスッキリエクササイズ! O脚を予防・改善していつまでも元気に歩ける健康な脚に!

 こんにちは、ティップネスの柴田直樹です。
脚の形を気にされたことはありますか?足をそろえて立ってみて、膝の隙間が指3本以上入るとO脚と呼ばれます。原因はいろいろありますが、加齢により外側の筋肉が硬くなり、内ももの筋肉を使えていないとO脚になることもあります。放っておくと、腰や膝を痛めたり、足首を捻りやすくなるといったことにもつながります。運動でO脚を予防・改善して、いつまでも元気に歩ける健康な脚を手に入れましょう。



O脚を予防・改善するポイントは?
・お尻の筋肉を伸ばしてほぐす
・内ももの筋力を強化する

すべてのエクササイズを行う必要はありません。
できる範囲からはじめ、慣れてきたら徐々に増やしていきましょう。
O脚を予防・改善するストレッチ
お尻の筋肉を伸ばし、柔軟性を取り戻します。
1
【1】
仰向けになり、膝を立てる。
1
【2】
左足を右膝の上に乗せる。
1
【3】
右脚を持ちあげて、両手を右太ももの裏側にまわす。
1
【4】
右太ももを胸に引き寄せる。20秒キープ。
ココがポイント!
1
左膝は開いたまま、右膝を真っ直ぐに引き寄せる。

1
右膝が内側に傾いたりしないように。
セット数
20秒キープ(反対側も行う)×1セット
ワンポイントアドバイス
ワンポイントアドバイス
足を乗せている方のお尻がしっかり伸びているのを感じましょう。
O脚を予防・改善するエクササイズ
内ももを刺激して、筋力を強化します。
1
【1】
左側を下にして横になり、上体は起こして手を安定しやすい位置に置く。
1
【2】
右足を左膝の前に置いて、膝を立てる。
1
【3】
左脚全体を床から離して持ち上げる動きを繰り返す。
ココがポイント!
1
体は一直線をキープして、つま先は正面に向ける。
ココに注意!
1
つま先が上に向いたり、腰が曲がったりしないように。
セット数
左右各10回×3セット
まとめ
まとめ
手で床を押すようにすると上体が安定します。しっかり内ももに効かせましょう。

次回は「脚のむくみ解消」をご紹介します。お楽しみに!

柴田直樹(しばた・なおき)
柴田直樹(しばた・なおき)
ティップ・クロスTOKYO渋谷エクササイズチーフ。ジムの運営やトレーナー育成に携わりながら、自身もトレーナー、スタジオインストラクター、企業フィットネス講師として活躍。フリークライミングは四段で各地の岩場や大会で活動中。

ページの先頭へ

商品に関するお問い合わせ・
電話でのご注文

0120-333-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

オンラインショップに関する
お問い合わせ

0120-857-310

受付時間:9:00~20:00
年末年始を除く毎日

ページの先頭へ