………………………………………………………………………………………………    2019年3月1日更新

64 今すぐできる!ペパーミントでムズムズ対策

今年も恒例のムズムズシーズンがやってきます。
寒さが残る今の時期から、気になり始める方も多いのではないでしょうか?

そんな不快なシーズンを快適に乗り切るためのお役立ちハーブといえば、すっきり爽やかな香りでおなじみの「ペパーミント」。

今回は、春のムズムズやグズグズ対策に大活躍する「ペパーミント」をピックアップ。
その知られざる魅力や活用法をご紹介します。

ココロとカラダを鎮めてくれる「ペパーミント」の底力

私たちの暮らしのいたるところで活躍する「ペパーミント」。
気軽に取り入れやすいハーブの代表格ですが、その歴史やパワーをご存知でしょうか?

ペパーミント / 学名:Mentha piperita  / 科名:シソ科 / 和名:セイヨウハッカ / 使用部位:地上部

学名の「Mentha」は、ギリシャ神話に登場する妖精のメンタから来た言葉。冥界の神ハデスに愛されたメンタは、嫉妬したハデスの妻によって地面に踏みつけられてしまいます。哀れに思ったハデスが、メンタを植物として蘇らせたのがミントであると言われています。
この逸話にふさわしく、ペパーミントはあらゆるハーブのなかでも極めて繁殖力、生命力が強く、逞しいハーブなのです。

中世の植物誌の多くに、さまざまな不調に使われていたという記述があるほど、古くから人々との関わりが深いことがわかっています。

その主要成分であるメントールの香りがもたらすものは、眠気覚ましやリフレッシュだけではありません。春のグズグズ・ムズムズで高ぶったココロとカラダを穏やかに鎮めてくれる底力を備えています。

「ペパーミント」で快適な春を。

お出かけ前に、お仕事中に、おやすみ前のリラックスタイムにと、シーン別ペパーミントの取り入れ方をご紹介します。

お出かけ前に

この季節、マスクを忘れてしまうと大変なことに!玄関先には、マスクと一緒にペパーミントの精油を置いておきましょう。マスクに1?2滴垂らしておけば、ムズムズやグズグズを忘れるくらい、すっきり気分で過ごせます。

お仕事の合間に

お仕事中でも気軽にペパーミントのパワーをチャージしたいなら、熱湯を注ぐだけのハーブティーがおすすめ。蒸気とともに立ちのぼる爽やかな香りは、心地よいクールな刺激で仕事の能率もアップします。

おやすみ時間に

いざお布団に入ると急にムズムズしてきたり、鼻がグズグズしてうまく寝付けなかったり。そんなときは寝室にディフューザーなどを置いて芳香浴を。ペパーミントが爽やかに香り、健やかな睡眠をサポートします。

生活動線のあらゆるポイントにペパーミントのアロマを漂わせる、いつものお茶をペパーミントのハーブティーにするなど、ライフスタイルに合わせてぜひ習慣に。すっきり爽快な気分で春を楽しみましょう!

ご紹介アイテム:「MASK AROMA」の画像

シュッとひと吹きで、マスクライフを快適に。ペパーミント精油配合のスプレー式ブレンドオイル「MASK AROMA(マスクアロマ)」が、お買い求めいただけます。

> 「MASK AROMA」ご購入ページはコチラ

バックナンバーはこちらからご覧いただけます

ウエルネスライフマガジン 2019年2月号掲載分

今月のピックアップハーブ
フィーバーフュー 学名:Tanacetum parthenium / 科名:キク科 / 和名:ナツシロギク / 部位:地上部 / フィーバーフュー
フィーバーフュー
ズキズキやイライラ、女性特有の不調が気になるときに
「解熱剤」を意味するラテン語「フィブリフューガ(Febrifuga)」が由来のフィーバーフュー。「Parthenium」という学名がつけられたのは、“パルテノン神殿から落ちた男性を癒したハーブ”という言い伝えから。古代ギリシャ時代から人々の健康維持に役立てられてきた歴史あるハーブです。さっぱりとした香りと苦味が特徴的。女性特有の不調が気になるときにもおすすめです。

バックナンバーはこちら