………………………………………………………………………………………………    2020年10月9日更新

79 植物×惑星パワーでポジティブに!12星座別お守りハーブ

私たちにとって「星占い」と言えば、金運や恋愛運、仕事運を見るものですが、実は、現代のように化学的な薬品がなかった遥か昔、植物療法を中心とする医学と星占いは深い結びつきがありました。

これは、「人間や植物は天の星々から大きな影響を受けている」と考えられていたためで、当時の医師の多くは占星術を学び、治療に取り入れていたと言われています。

今回のハーブズコラムは、いつもとちょっと趣向を変えて、占星術とハーブの不思議なつながりのお話を。星座から導く、あなたのお守りハーブをご紹介します。

星座とハーブの密接な関係

漢方は「陰陽五行」という東洋の占いの根幹をなす思想をバックボーンとしていますが、薬草学(ハーバリズム)は、惑星の動きから未来を占う「西洋占星術」をバックボーンに持っており、星が伝えるメッセージを知り、植物で人々のココロやカラダの不調をサポートしていくものとしてヨーロッパを中心に広く用いられてきました。

西洋ハーバリズムの大成者のひとりであり、占星医術の先駆者ニコラス・カルペパーは、12星座それぞれを、天体や4つの元素の特徴に対応させ、効能や香りの印象などで分類したハーブを体調に合わせて処方していたと言われています。

4つの元素とは、「火・地・風・水」のこと。今回は、12星座を4つの元素「火・地・風・水」に分類し、それぞれの資質から導き出した星座別ハーブ(アロマ)をご紹介します。
これからもずっとあなたにとってのお守りになってくれるでしょう。

火のグループ
「牡羊座 ミント」の画像

牡羊座は、決断力や行動力があり、何事にもエネルギッシュに取り組む人。あまり深く考えず飛び込んでしまいがちなので、爽やかなミントではやる気持ちを抑えて。周囲からの信頼も高まるでしょう。

「獅子座 カモミール」の画像

獅子座は、クリエイティブなパワーに溢れ、華やかで堂々としたオーラが魅力。一方、「誰も自分をわかってくれない」と孤独を感じてしまう一面も。カモミールの優しい香りで、固く閉ざした心を解きほぐしましょう。

「射手座 メリッサ」の画像

射手座は、いつでも家族や仲間が優先で自分のことは後回し。優しく愛情深いからこそ、自分の神経をすり減らしてしまいがちです。メリッサは、疲れたココロをそっと包み込み、愛のエネルギーを補充してくれるはず。

地のグループ
「牡牛座 ブラックペッパー」の画像

牡牛座は、12星座の中でいちばん五感が鋭く、優れた審美眼を持ちますが、ネガティブ思考なのがたまにキズ。スパイシーなブラックペッパーでココロの滞りを取り払い、明るく前向きな気持ちを起動させて。

「乙女座 フェンネル」の画像

乙女座は、周りの人に対して惜しみない愛を注ぐことができる人。何かをやってあげることに喜びを感じるものの、時には気を遣い過ぎて疲れてしまうことも。フェンネルで自己愛を補ってあげましょう。

「山羊座 サイプレス」の画像

山羊座は、真面目で何事も責任を持って成し遂げるので、多くの信頼を集めます。その真面目さが強く出すぎて頑固者とならないよう、サイプレスの森をイメージさせる香りで深呼吸。肩の力を抜きましょう。

風のグループ
「双子座 マジョラム」の画像

双子座は、知的好奇心が旺盛な人。知りたいと思ったら情報収集に余念がありません。双子座をサポートするマジョラムの香りでココロを安定させれば、いらない情報に惑わされず、ベストな選択を導き出せるでしょう。

「天秤座 ゼラニウム」の画像

天秤座のテーマは、調和と美。多くの人と適切な距離感を保つことができるため、「エレガント」「センスがいい」と評されます。自分の中のバランスが悪くなったと感じたら、ゼラニウムの華やかな香りでココロを休めて。

「水瓶座 ジュニパー」の画像

水瓶座は、人とは違う自分をアピールするのが得意。しかし、客観性が鋭く周りが見えすぎてしまうために、本当にやりたいことができなくなってしまうことも。水瓶座の守護星・土星のハーブであるジュニパーで自分らしさを輝かせて。

水のグループ
「蟹座 クラリセージ」の画像

蟹座は、その固い甲羅と大きなはさみで家族や仲間など「大切なもの」を守る人。しかし、愛が強すぎるあまり関係のない他者を排除しようとする一面も。気持ちをリラックスさせるクラリセージで優しい母性を開花させて。

「蠍座 ジンジャー」の画像

蠍座は、心の奥底に情熱を燃やし続ける人。バイタリティーの源であるエネルギーの枯渇を感じたら、蠍座の守護星・火星のハーブであるジンジャーを。すっきりとした香りが、沈んだ気分をアップリフトさせてくれるでしょう。

「魚座 メリッサ」の画像

魚座は、空想好きで夢見がちなロマンチスト。その掴みどころのなさも魅力ですが、目標にむけてアグレッシブに進んでいくためには、地に足をつけて準備することも大切です。すっきりとしたメリッサの香りで気持ちの仕切り直しを。

お守りハーブ(アロマ)を暮らしに生かす

惑星のエネルギーをたっぷりと受け取った特別なハーブの香りは、リラックスやリフレッシュはもちろんのこと、自然とココロとカラダの調和を感じられるはず。いつも自分らしくいるために、お守りハーブの芳香浴を生活のルーティーンにしてみてはいかがでしょうか。
お誕生日や記念日など、大切な人のお守りハーブを贈り物にするのもおすすめです。

「お守りハーブ」のイメージ画像

不安な日々の中で、心身にストレスを抱えがちな今こそ、惑星のパワーと植物のエネルギーを持つハーブを味方に。
逆境に負けず、ポジティブに自分らしく進んでいくためのお守りとして、ぜひ取り入れてみてくださいね。

参考)
「鏡リュウジの占い大事典」鏡リュウジ著(説話社刊)
「星が導き出すハーバルアストロロジー」岸延江著(説話社刊)

ご紹介アイテム:「お守りハーブの精油」のイメージ画像

お守りハーブの精油、取り揃えています! enherbの100%天然精油は、ハーブの個性を余すところなく抽出した生命力あふれる香りを厳選しています。この機会に、ぜひお試しください。
※こちらをクリックすると当サイト(サントリーウエルネス)を離れ、「ハーブ専門店enherb」のサイトに移動します。
> ご購入はこちらから

バックナンバーはこちらからご覧いただけます

ウエルネスライフマガジン 2020年10月号掲載分

今月のピックアップハーブ
レモンバーム  学名:Melissa officinalis / 科名:シソ科 / 和名:セイヨウヤマハッカ / 部位:葉
レモンバーム
興奮を鎮めて本来の落ち着きを取り戻したいときに
学名のMelissa(メリッサ)はミツバチを意味し、“ミツバチが好む植物”として養蜂にも重宝されたことから、その名が付けられたと言われています。気分をオフにしてリラックスしたいときに役立つハーブとして知られ、おやすみ前はもちろん、ストレスによるイライラや不安で昂ぶってしまった気持ちを穏やかに落ちつかせます。また、空気が乾燥する時期に習慣的にとりいれると健やかに過ごせます。ハーブティーとしても飲みやすい穏やかな風味ですが、レモンのような爽やかな香りを持ち、精油としても人気です。

バックナンバーはこちら