人物・作品・仕事

フランツ・リスト

19世紀の婦人たちを虜にした“ピアノの魔術師”!? 「フランツ・リスト」

19世紀のパリ社交界において、ショパンと人気を二分したともいわれるフランツ・リスト(1811~1886年)。多くの人にいまなお愛されているショパンに比べ、現代の日本でのリストの認知度はやや低いですよね。しかし、その美しい横顔と超人的なピアノのテクニックは当時の上流階級婦人たちを失神させたほど。知られざる音楽的才能と女性を虜にするカリスマ性を秘めた19世紀のスーパースター・リストは、どんな音楽家だったのでしょうか?

9歳でピアニストとして成功~“ピアノの魔術師”となるまで

幼い頃からピアニストとしての才能を発揮し、ヨーロッパ各地で活躍したリスト。

幼い頃からピアニストとしての才能を発揮し、ヨーロッパ各地で活躍したリスト。

父の手ほどきで幼少の頃からピアノの才能を発揮したリストは、10歳になる前にはハンガリーで数々の演奏会を開催。その後留学したウィーンで開いたコンサートでは晩年のベートーヴェンに称賛され、12歳でパリ社交界へデビューを果たすなど、ヨーロッパ各地で活躍しました。

そんな彼が20歳で感銘を受けたのが、“超絶技巧”で名を馳せたバイオリニスト、パガニーニの演奏でした。複数の弦をまとめて弾いたり、指で弦を弾いて音を出したり、テクニックの素晴らしさもさることながら、観る人を圧倒するパフォーマンスにすっかり心酔し、ピアノ界のパガニーニをめざそうと決意。ピアノによる超絶技巧をちりばめた「パガニーニによる超絶技巧練習曲」を作曲し、それを見事に弾きこなすことで“ピアノの魔術師”とまで呼ばれるようになりました。

当時のリスト人気を示す逸話の数々

リストの美しい横顔と情熱的な演奏は19世紀の上流階級婦人たちを失神させた。

リストの美しい横顔と情熱的な演奏は19世紀の上流階級婦人たちを失神させた。

ナルシス(ギリシア神話ナルキッソス)のような端正な顔立ちに、強い輝きを宿した瞳。美しくも難解な曲を長い指でアグレッシブに演奏し、時には演奏中のピアノを壊してしまうこともあったとか。その情熱的な姿にヨーロッパ中の婦人たちが魅了されました。当時のリスト人気を語る逸話は数多くあります。風呂の残り湯を盗まれたり、飲み残した紅茶をファンが香水瓶に入れて持ち歩いたり…旅立つ彼を見送るために楽団付きの大型汽船をチャーターし、“追っかけ”に興じる婦人たちもいたほどでした。

20代前半で伯爵夫人と逃避行、喧噪から離れつかの間の静寂を手にしたリストは作曲活動にも打ち込みます。音楽の転機となったのは36歳のとき。「演奏旅行に疲れた」リストは、ワイマール宮廷楽団の楽長に落ち着きオーケストラを率い、指揮者としても活躍しました。

忘れてはならない、リストの音楽的功績

故郷のハンガリーに音楽院を設立。(建物は2013年に改装されていますが、写真は改装前のもの)

故郷のハンガリーに音楽院を設立。
(建物は2013年に改装されていますが、写真は改装前のもの)

ワイマール宮廷楽長時代、安定的な地位を得ていたリストは経済的に困窮していた作曲家の優れた曲を見出し、世に紹介したことでも知られています。晩年はローマ教皇とも親交を深め宗教音楽に傾倒し、音楽教育にも貢献しました。

美貌と超越したピアノテクニックで一世を風靡したリスト。波乱に満ちた74年の生涯でリストが音楽界に遺した功績は大きく、技巧の進歩を促したことはもとより、現代のピアノリサイタル(ピアニストによる独奏会)の形式をつくり、交響詩の名づけ親でもあります。また、故郷ハンガリーのブダペストにリスト音楽院を設立し、その後に続く20世紀の音楽家たちに多大な影響を与えています。

リスト:リスト・リサイタル/ユンディ・リ(ピアノ)
今月の1枚

パガニーニの演奏に刺激を受けて書き上げられた難曲「パガニーニによる大練習曲」の中でも最も名高い「ラ・カンパネラ」を含むリストのベスト盤。ショパン国際ピアノコンクールの覇者ユンディ・リの超人的テクニックにも注目を。
リスト:リスト・リサイタル/ユンディ・リ(ピアノ)

ウエルネスライフマガジン 2016年7月号掲載分

インフォメーション