人物・作品・仕事

モーツァルト

フリーランスとして活躍した音楽家の先駆け 「モーツァルト」

ある新聞紙上で作曲家の人気投票を行ったところ、1位に輝いたのはモーツァルト。純粋な音楽ファンに加え、「胎教にいい」「脳にいい」などと評され、付加価値の面からも注目されているのが高い支持の理由のようです。早くからその音楽的才能を開花させたモーツァルトですが、フリーランスとして活躍した音楽家の先駆けでもありました。どのような時代背景や体験が、彼の音楽やその創作活動に影響を与えたのでしょうか。

人生の3分の1を費やした旅がモーツァルトの音楽を育てた

オーストリアのザルツブルクにあるモーツァルトの生家。

オーストリアのザルツブルクにあるモーツァルトの生家。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791年)が生まれたのは、オーストリアのザルツブルク。宮廷楽団の副楽長兼バイオリニストだった父は、息子の天性の音楽的才能を見抜き、まだ5歳の息子を演奏旅行に連れ出しました。

以来、人生で17回の旅をしたモーツァルト。35歳と10カ月の人生のうちほぼ3分の1にあたる3720日は、旅の空の下でした。旅した距離はあわせて約2万キロ。各地をめぐる旅の中で、モーツァルトはその土地土地の最先端の音楽を吸収していきます。オペラ、交響曲、歌曲、さまざまな楽器を使った曲から教会音楽まで…当時の音楽家たちに比べ、モーツァルトが手掛けたジャンルは多岐に渡り、表現スタイルも多様なのは、幼い頃からの旅で得た音楽体験があったからかもしれません。

天才を物語るエピソードの数々

“神童”と呼ばれたモーツァルトには、さまざまなエピソードが遺されています。ご紹介するほんの一例からも、その天才ぶりがうかがえます。

モーツァルトの“天才”を物語るエピソード エピソード.1 作曲スピードは“世界一”! 3大交響曲「第39番」「第40番」「第41番」を42日間で一気に作曲 オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の序曲をたった一晩で完成 モーツァルト最期のオペラ作品「皇帝ティートの慈悲」を18日間で書き上げる エピソード.2 大先輩のハイドンもその才能を称賛 同時代に活躍した音楽家ハイドンは、はるかに年少のモーツァルトを高く評価し、父親のレオポルトに「神にかけて申し上げますが、あなたのご子息は私の知る限り、もっとも偉大な作曲家です」と語った。 エピソード.3 一度聴いただけで!記憶を頼りに曲を再現 14歳のとき、イタリア旅行の途中で立ち寄ったバチカンの礼拝堂で、門外不出の秘曲(4つの声と5つの声のパートに分かれた二重合唱という難曲)を一度聴いただけで記憶を頼りに楽譜に書き起こしてしまった。 エピソード.4 アインシュタインも虜にした!? 「死とは何か」と問われた天才物理学者アインシュタインは、「死とは、モーツァルトが聴けなくなることだ」と語った。

時代を先取りし過ぎた? モーツァルト

18世紀後半、音楽家は主人に仕える使用人の扱いで、自由に音楽をつくることはできなかった。

18世紀後半、音楽家は主人に仕える使用人の扱いで、自由に音楽をつくることはできなかった。

モーツァルトが生きた18世紀後半のヨーロッパ社会では、音楽家は主人(宮廷や領主)を楽しませる使用人の扱いでした。類まれな才能を持ち、演奏旅行で見聞を広めた彼にとって、王侯貴族の好みに合わせて作品をつくるだけの生き方は耐えられなかったのでしょう。25歳でザルツブルク宮廷楽団の職を捨て、ウィーンでフリーランスの音楽家として生きる決意をします。

こうした音楽家の“自立”はモーツァルトが先駆けで、その後に続くベートーヴェンが「自分のつくりたい音楽を自由につくる」スタイルを確立しました。創作の独立性はより明確になり、古典派と呼ばれるルールや秩序を重んじる表現から、自由で情感あふれるロマン派へと移行していきます。音楽家の“自立”は音楽そのものを解放し、新しいクラシック音楽の時代をひらく端緒となったのです。

しかしモーツァルトの時代には、その自由な生き方や、世間の枠にはまらない音楽はなかなか受け入れられなかったようです。映画『アマデウス』でも描かれたように不遇な最期を迎えたモーツァルトですが、現在傑作といわれるモーツァルト作品の数々は、このフリーランス時代につくられたものが多いのです。

いささか時代を先取りし過ぎたモーツァルト。35歳でこの世を去った彼が残した600曲以上の曲は、今でも数多く演奏され、日本各地には愛好団体があるほどの人気ぶり。今年生誕260周年を迎えたモーツァルトの音楽は、時代を超えてますますその輝きを増しているのです。

モーツァルトの100枚。〜決定盤BEST
今月の1枚

今年生誕260年を迎えたモーツァルトのすごさや素晴らしさを俯瞰するのにピッタリの1枚がこれ。演奏者には小澤征爾をはじめ時代を代表するアーティストが勢揃い。音楽史上に残る天才の遺産をたっぷりとご堪能あれ。
「モーツァルトの100枚。〜決定盤BEST」

ウエルネスライフマガジン 2016年10月号掲載分

インフォメーション