人物・作品・仕事

ショパン

ピアノ曲に託した革命へのメッセージ 「ショパン」

もしもピアノが弾けたなら・・・? 「ショパンの曲を弾いてみたい!」と答える方も多いでしょう。「子犬のワルツ」のような明るく可愛らしい曲や、しっとりと美しい「別れの曲」、ドラマチックなはじまりに思わず引き込まれてしまう「幻想即興曲」など、有名曲をあげればキリがありません。甘く叙情的なメロディと豊かな表現力で“ピアノの詩人”とよばれるショパンですが、その作品の陰には祖国ポーランドの運命に大きく翻弄された悲哀もありました。今回は、そんなショパンの生涯を彩った光と影に迫ってみたいと思います。

愛と音楽に包まれた幼少期と、ポーランド舞曲との出合い

フレデリック・フランソワ・ショパン(1810~1849年)は、フランス人の父とポーランド人の母の間に生まれ、幼少から青年期までをポーランドの首都ワルシャワで過ごしました。音楽や歌声の絶えない一家で、幼いショパンは母親が弾くピアノを即興で真似ては周囲を驚かせていました。やがてピアノ教師の下で、毎日のようにバッハやモーツァルト、ベートーベンなど当時のヨーロッパ最高峰の音楽を吸収していきます。

また、病弱だったショパンは療養のためたびたびポーランドの田舎を訪れ、村々の歌や踊りに触れますが、この経験がショパンの音楽的な個性を形作ります。ショパンは代表的なポーランド舞曲「ポロネーズ」や「マズルカ」のリズムを積極的に作曲に取り入れ、民族音楽を芸術作品に昇華させただけでなく、ピアノ音楽のジャンルを広げていったのでした。

「ポロネーズ」のリズム構成 フランス語で“ポーランド風”という意味の「ポロネーズ」。 テンポはゆるやかで、勇壮で威厳に満ちたリズムが特徴です。 「マズルカ」のリズム構成 テンポの異なる3つのリズム(左図)が組み合わさり、その曲調は変幻自在で、即興的な面白さが感じられます。

共に闘うか、芸術を追い求めるか。苦悩の選択

19世紀はじめ、隣国のロシア皇帝が国王を兼ね、実質上ロシアの一部とみなされていたポーランド王国。

19世紀はじめ、隣国のロシア皇帝が国王を兼ね、実質上ロシアの一部とみなされていたポーランド王国。

隣接諸国から度重なる支配を受けていた19世紀はじめごろのポーランドでは、民衆の間に自由への渇望と民族意識の高まりがありました。ポーランド独自の文化・芸術の発展が叫ばれるなか、ショパン少年は愛国精神や民族の絆を敏感に感じながら成長しました。

19歳で音楽院を卒業したショパンにもはやワルシャワで学ぶべき音楽はなく、音楽の都ウィーンや、芸術家が集うパリへの渡航を希望するようになります。しかしその矢先、フランス7月革命でヨーロッパに“圧政からの解放”の動きが巻き起こり、ロシアの傀儡(かいらい)だったポーランドにも真の独立への機運が生まれました。革命家の議論に日夜耳を傾け、「今こそ祖国を取り戻そう」という仲間の言葉にショパンも胸を熱くしました。

共に闘うべきか、旅立つべきか。苦悩の結果、ショパンはウィーン行きを決行したのでした。

ピアノという武器で、祖国のために闘う

ショパンは、祖国を奪われた怒りや悲しみをピアノで表現することで、解放への願いを訴え続けたのでしょうか。

ショパンは、祖国を奪われた怒りや悲しみをピアノで表現することで、解放への願いを訴え続けたのでしょうか。

出国のわずか20日後、ワルシャワでロシアの統治に対する武装蜂起が勃発(11月蜂起)。結局革命は失敗に終わり、故郷は再びロシアの手に落ちたことを異国で知ります。この悲報で、ショパンは激しい錯乱状態に陥りました。神を呪い、帰るべき場所を奪ったロシアを憎み、闘いを放棄した自責の念に苦しむ日々が、当時の彼の日記に綴られています。

やがてそんな絶望を鍵盤に叩きつけることで、ショパンは祖国解放の願いを形にしていきます。その頃作られた「革命のエチュード」からは、ショパンの慟哭(どうこく)が音の粒となりピアノからあふれ出てくるようです。晩年まで、ショパンは武器の代わりにピアノで祖国のために闘い続けました。

冒頭で触れた「別れの曲」を弟子が演奏していたところ、ショパンは突然、苦悩に満ちた表情で「おお、わが祖国!」と叫んだ、と伝えられています。ショパンにとっては、二度と戻れない祖国への想いを表現した曲だったのでしょう。39歳で逝ったショパンの遺体はパリに埋葬されましたが、心臓だけは、遺言によりワルシャワに運ばれ、祖国の地で安らかに眠っています。

【参考文献】
『ショパン 孤高の創造者 人・作品・イメージ』(春秋社)、『ショパン その生涯』(芸術現代社)、『世界現代史27 ポーランド現代史』(山川出版社)、『国境の本4 ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカの国境』(岩崎書店)、『音楽大事典』(平凡社)

ショパン:「キーシン・プレイズ・ショパン」/エフゲニー・キーシン(ピアノ)
今月の1枚

現代最高のピアニストの1人エフゲニー・キーシンによるショパン演奏の集大成がこのアルバム。フィギュアスケート羽生結弦選手で話題の「バラード第1番」や名高い「英雄ポロネーズ」など、聴いておきたい名曲が満載。
ショパン:「キーシン・プレイズ・ショパン」/エフゲニー・キーシン(ピアノ)

ウエルネスライフマガジン 2017年3月号掲載分

インフォメーション