人物・作品・仕事

「ベートーヴェン」のイメージ写真

楽聖と呼ばれるゆえんは・・・ 「ベートーヴェン」

ボサボサ頭に挑むような鋭い眼光・・・一度見たら忘れない野性的な風貌のベートーヴェンは、クラシック界随一“顔が売れている作曲家”なのではないでしょうか。日本では、極めて優れた音楽家に向けられる楽聖(音楽の聖人)という名でも呼ばれるベートーヴェン。今回は、その孤高の生涯と人物の内面に少しだけ迫ってみました。

難聴の原因は、ワイン好きと仕事中毒?

「ワイン」のイメージ写真

一説には、ワインの飲みすぎによる“鉛中毒”が難聴の原因ともいわれている。

ベートーヴェンこと、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827年)と聞いて、どのような人物を思い浮かべますか? ささいなことにも激高し周囲とトラブルの絶えない気難し屋、難聴という音楽家最大の窮地に追い込まれた苦悩の人、というイメージでしょうか。

難聴の原因としては、ワイン愛好家だったベートーヴェンが、当時安物のワインの甘味料として用いられていた鉛化合物を大量に摂取したことによる“鉛中毒”だとされる説があります。しかし一方で、作曲中に発揮される異常な集中力がもたらすストレスや聴覚中枢の圧迫が、彼から聴力を奪ったとも考えられています。

自らの身を削るように作曲活動を続け、56歳という若さでこの世を去ったベートーヴェン。そんな彼が追求した音楽とは、音楽にささげたものとは、一体何だったのでしょうか。

権力への抵抗とナポレオンへの幻滅

「皇帝ナポレオン誕生の瞬間」のイメージ写真

皇帝ナポレオン誕生の瞬間、ベートーヴェンのナポレオンへの心酔は砕け散ったのか・・・?

若いころは宮廷音楽家として権力の近くで仕えていたベートーヴェンですが、いつしか権力と距離を置くようになります。多くの音楽家がパトロンである王室や貴族のための音楽を作っていた時代、ベートーヴェンはそうしたしがらみから音楽を解放するかのように、自らの意志で作りたい曲を作る、いわば「音楽の自由を勝ち取るための革命」を先導しました。

この姿勢は政治思想にも貫かれ、フランス革命勃発後のヨーロッパで政府の弾圧が強まる中でも、声高に体制批判を行いました。それでも投獄を免れたのは、世俗を超えたベートーヴェンの“聖なる音楽”が権力者をも魅了し、黙らせる力を持っていたからではないでしょうか。

ベートーヴェンの権力への抵抗を表す有名なエピソードがあります。動乱の世に突如現れた戦術の天才・ナポレオンに、ベートーヴェンは革命の体現者の姿を重ねていました。それゆえナポレオンをたたえ、交響曲第3番「ボナパルト」を作曲(後に「エロイカ〈英雄〉」と改名)。その曲をささげようとしたまさにそのとき、ナポレオンが(権力の象徴である)皇帝に即位するというニュースが届きます。一説では、それを聞いたベートーヴェンは怒りのあまり楽譜の表紙を引き裂き、床に投げつけたと伝えられています。

知の巨人・ゲーテとの交流

「温泉保養地テプリツェ(チェコ北西部)」のイメージ写真

ベートーヴェンとゲーテが世紀の出会いを果たした、温泉保養地テプリツェ(チェコ北西部)。

このような理想主義の精神は、どこから生まれたのでしょうか。若くして母親を亡くし、父親の飲酒癖から10代で一家を支えるなど、安穏ではなかったベートーヴェン少年を支えたのは、偉人の格言や詩の数々でした。とりわけゲーテを愛読し、多くのゲーテ作品に曲を付けています。

ゲーテとベートーヴェンは、実は1812年に世紀の対面を果たしています。ベートーヴェンより20歳ほど年上のゲーテは一目でその才能を見抜き、難聴が進んで困難となったベートーヴェンとの会話にも忍耐強く応じました。内に激しい情熱を抱えながらも、社交下手な上に、崇高な理想を分かち合える相手になどなかなかめぐり会うことのなかったベート-ヴェン。ゲーテの存在は、彼の孤独な魂をどれほど救ったことでしょう。実際の接触は数回ほどでしたが、ゲーテとベートーヴェンは精神世界で深く結び付いているようでした。

後にベートーヴェンは、ゲーテと過ごした日々について触れ、「あの人のためなら10回でも死ねる」と語ったそうです。こうした心の交流が少なからずベートーヴェンの作品に影響しているのでは・・・と思わずにはいられません。

【参考文献】
『ゲーテとベートーヴェン 巨匠たちの知られざる友情』(平凡社新書)、『作曲家 人と作品シリーズ ベートーヴェン』(音楽之友社)

「交響曲第3番「英雄」&「エグモント」序曲」のCDジャケット
今月の1枚

ナポレオンにまつわる逸話で知られる交響曲第3番「英雄」と、敬愛する同時代の詩人ゲーテの戯曲のために作曲された劇付随音楽「エグモント」の序曲。ベートーヴェンの代表作として名高い2つの名曲を併せてご堪能ください。
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&「エグモント」序曲

ウエルネスライフマガジン 2018年5月号掲載分

インフォメーション