お客様センター便り サントリーウエルネスお客様センターから皆様への月替わりメッセージ

2007年7月25日

カプセル一粒一粒に思いを込めて・・・

このたび、新潟県中越沖地震災害により、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。被災地の方々の一日も早いご回復、ご復興を、関係者一同お祈りいたしております。

今年は例年より梅雨明けが遅く、夏休みに入った小学生の子供を持つお客様センターに勤務するお母さんたちも、外に連れて行ってやれずに手を焼いているみたいです。
7月23日は暦の上で「大暑」とされています。
つまり、一年で一番暑い時期、ということです。
まだまだ梅雨明けしていないところも多く暑さはこれから。
体調管理だけは気をつけたいものです。

さて、どこかへお出かけする際、お車を屋外に駐車する機会がよくあるかと思いますが、夏の炎天下に長時間晒された車の中はとても熱くなりますよね。
以前、セサミンを車の中で保管されている、というお客様から、セサミンが溶けてくっついてしまった、とのお問い合わせがありました。

サントリーでは、カプセルの水分率を、夏場と冬場で細かく調整するなど、一年を通して、できるだけ一定の品質をお届けできるよう、努めていますが、暑いところでの保管はお避けください。
反対に、冷蔵庫での保管も、外に出した時にカプセルが結露し、くっつきの原因にもなりますので、常温での保管をお勧めしています。

私たちの品質に対する取り組みを「サントリー健康食品ができるまで」で紹介しています。
よろしければ、ご覧になってください。


ページの先頭へ