極の青汁

サントリー「極の青汁」のこだわりをお伝えします。

屋久島の農法

~明日葉の畑から~屋久島
大自然の中に育つ屋久島の明日葉をご紹介いたします。

大自然の中でしかつくれない力。やはり大量生産ができない明日葉です。

世界自然遺産の島として知られる屋久島は、
今も手つかずの森が、大自然のいのちの連鎖によって育まれています。
サントリー「極の青汁」に使用される明日葉の畑は島の東に位置し、
海岸から急峻な山々に続く静寂な森の中にあります。
自然の防風林がこの島特有の強い季節風や台風から畑を守り、
降り注ぐ雨は山々に磨かれ、原生林の中を脈々と流れて、
清水となって畑へ注ぎます。
明日葉の畑は棚田状につくられているので、
豊かな水分を明日葉たちに残し、水はけよく流れていくのです。

屋久島の明日葉は、
雨量が多く寒暖の差の激しい、島特有の厳しい気候に耐えながら育つ
たくましい明日葉です。
生産者の方々の細やかな世話と深い愛情によって、
自然に近い農法で大切に育てられています。
収穫時になると、背丈は2メートルにもおよび、
孟宗竹(もうそうちく)を思わせるほどの太さに成長し、重みもずっしり。
「おいしさも栄養も、できるだけ新鮮なうちに青汁にしてほしい」と、
生産者の方々は緑のトンネルを急ぎ足で往復し続けます。
輝く緑色の葉を見れば、
蓄えられた栄養と強い生命力が伝わってきます。

産地 限定 良質な明日葉が育つ気候条件をそなえた屋久島。 南にある屋久島は、年間を通じて温暖というイメージがありますが、年間雨量が多く、島の東側は寒暖の差も大きく、年によっては冬に積雪があるほどです。納得 品質 大自然のふところでたっぷりの愛情とともに。 屋久島産の明日葉のすばらしさは、激しい気候に順応してきた明日葉自身の強い力に加え、できるだけ自然に近い農法で育てたいという、生産者の方の徹底したこだわりと、たゆまぬ努力があるからなのです。

野性的でたくましい明日葉をサントリーが選んだ理由とは?

素材、品質、おいしさ。そのすべてにこだわったサントリーの「極の青汁」。素材の豊かな栄養を、確かな品質でお届けします。ご購入はこちら