極の青汁

サントリー「極の青汁」のこだわりをお伝えします。

野菜のちからを引き出す ケルセチンプラス

野菜の底力を体に届けるために、サントリーが着目した「ケルセチンプラス」。

ポリフェノールの分野でトップクラスの研究実績を誇るサントリー。
その研究過程でたどりついたのが、
体に吸収されやすくする、「ケルセチンプラス」でした。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、植物が紫外線などから身を守り、
生き抜くために自らつくり出すものです。
その種類はおよそ4,000種以上と言われ、
中でも緑茶などのカテキンや赤ワインのアントシアニンなどが、
私たちの健康面への働きかけで大きく注目されています。

代表的なポリフェノールとしては、赤ワインなどに含まれるアントシアニン、ゴマなどに含まれるゴマリグナン、玉ねぎやりんごの皮などに含まれるケルセチン、緑茶などに含まれるカテキン、ウーロン茶などに含まれるウーロン茶ポリフェノールがあります。4000種類以上もあるポリフェノール。色素や苦味の成分としても知られています。

<サントリーとポリフェノール>
サントリーのポリフェノール研究は
30年以上もの歴史があり、
世界的にも高く評価されています。
赤ワインに含まれるポリフェノールに着目して、
健康維持との関連性を見いだしたのもサントリーです。

ケルセチンは、野菜ポリフェノールの代表格

「ケルセチン」とはあまり聞きなれない成分かもしれません。
実は、このケルセチンこそが、多くの野菜に含まれている
代表的なポリフェノールなのです。
野菜の底力を摂るには、このケルセチンなくして考えられないと
確信したサントリーは、さらに研究を推進。
そして、大麦若葉と明日葉の青汁パワーにケルセチンを加えることで、より健康維持パワーを高めることを発見したのです。

サントリーが着目したケルセチンプラスとは?

サントリー健康科学研究所 立石

ケルセチンはそのままでは、
体に吸収されにくいという性質があります。
せっかくの野菜の底力も
体の中まで届かないのでは意味がありません。
そこで、さらなる研究を重ねた結果、
サントリーはこのケルセチンを
「ケルセチンプラス」という構造に形を
変えることで、ケルセチンが体に吸収
されやすくなることに着目したのです。

ケルセチンプラスにすることで体への吸収力がアップ

ご購入はこちら

サントリー「極の青汁」は、
野菜ポリフェノールを追求した「ケルセチンプラス」を配合。
健康維持パワーをさらに高めることに成功しました。