こんなお悩みを感じているあなたへ。

せっかく寝たのに、何度も起きてしまう 布団に入っても、なかなか寝付けない 起きた瞬間に、もう疲れてる 仕事中、ウトウトぼんやりしてしまう 午前中は眠くて家事がはかどらない

大丈夫。眠れないのはあなたのせいじゃない。加齢によって誰にでも訪れること。

「寝つきが悪い」「目覚めがよくない」など、
日々悩まされる、さまざまな睡眠課題。
実は、加齢によって誰にでも起こりうる現象なのです。
例えば、60代の方では、約3人に1が睡眠悩みを抱えているという報告もあります。
さらに、仕事や人間関係、家庭内の心配事が、睡眠課題の原因となっていることも。
一人で悩まず、一緒に、ぐっすり眠れるカラダづくりを始めましょう。

※出典:厚生労働省「生活習慣病予防のための健康情報サイト」

「老化を科学する」サントリーが着目したのは、加齢とともに快眠しづらい体質になるという事実。

睡眠のは加齢とともにどんどん低下していき、
快眠しづらい体質になっていってしまいます。
これは決して特別なことではありません。
加齢やストレスによって誰にでも訪れる、いわば老化現象のひとつ。
「眠れないのは自分だけ?」「もう昔みたいに眠れない?」
と一人で悩んでしまいがちな睡眠悩みを和らげるために。
そして、心も体も健やかな毎日をサポートするために。
「老化を科学する」サントリーウエルネスは、
年齢と睡眠の関係について研究しています。※寝つき、眠りの深さ、寝覚め

年代ごとの睡眠時間 出典:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 高齢者の睡眠

加齢に負けない!「快眠体質づくり」に必要なものとは?

いくつになっても、快眠体質を維持するために。「老化を科学する」サントリーが着目したのは、睡眠ホルモンとも言われるメラトニンと心身を整える神経

「快眠体質」を維持して、睡眠中の回復力を低下させないために。
睡眠ホルモンとも言われる「メラトニン」と
「心身を整える神経」に働きかけることが重要なのです。