にんにく畑物語 にんにくの栄養は、土の栄養。土作りが大切なんです。

にんにく作りは、土作り。3~5年かけてじっくり。

にんにくの栄養は土の栄養そのもの。良いにんにくを育てるには、良質な土づくりが基本です。
土の質はその年によって変わっていくため、毎年が勝負。肥料を使う分量などを見極めて、ベストな土質をめざします。
栽培以前の周到な準備と苦労がなければ、日本を代表するブランド種にんにく"福地ホワイト六片"は育たないのです。
そして、収穫がおわってからすぐにまた土づくりが始まるのです。

植え付けは秋、10月頃。自然の変化を感じて、じっくり面倒を見ることが大切。

自然を相手にしているので植え付けから収穫まで気が抜けません。北国だから雪の量、気温、気候の変化、その時々の自然に対応してあげないと傷んだり、後半の成長に影響が出てしまうのです。
"福地ホワイト六片"が大きく、そして逞しく育つのも、自然の厳しさを乗り越え、また自然の恵みに助けられてこそなのです。

自然の恵みがぎっしりと詰まったにんにく。

草刈り、芽かきと手間もかかるけれど、安全で安心して食べてもらえることを考えたら苦労とは思いません。人と同じように扱って、思いやりと緊張感を持って育てることが大切ですね。

堆肥づくり・土づくり

植え付け

草刈り芽かき・収穫

自然の変化を感じて、じっくり手間をかけながら、愛情をもって育てることが大切です。

ご購入はこちら

ページトップへ