• ラクテクトサイトマップ

腸まで届いてビフィズス菌を増やす「ラクチュロース」ラクトバリア成分その2

ミルク由来のオリゴ糖の一種。

「ラクチュロース」は、善玉菌の代表格であるビフィズス菌の大切なパートナー。じつはこのビフィズス菌は、良好な体内環境を維持するために欠かせないものですが、加齢や生活習慣の影響を受けて減少してしまいます。そこで活躍するのが「ラクチュロース」です。「ラクチュロース」はビフィズス菌の増加を助け、減少を抑えることができるのです。

腸まで届いてビフィズス菌を体内で増やします。

ビフィズス菌が善玉菌として働くためには、腸までしっかり届くことが大切です。ところがビフィズス菌は胃酸に弱く、その多くが腸に届く前に死滅してしまいます。その点「ラクチュロース」は胃酸に強く、大腸までしっかり届くのが特長。減ってしまったビフィズス菌のエサとなり、その繁殖をサポートしてくれます。その結果、腸内のビフィズス菌は増加し、悪玉菌が減少します。こうした「ラクチュロース」の優れた力が、溜め込まない毎日をしっかり支えてくれます。

腸までしっかり届くラクチュロースの働き ビフィズス菌を増やし、スッキリ快調な毎日をサポート

サントリー ラクテクト 商品のお申込みはこちら
このページの先頭へ戻る