ごまの国内自給率は、わずか0.06%

サントリーのセサミンEXの製品化にあたっては、原材料であるごまの安定確保をどうするか、という課題がありました。じつは平成16年のごまの国内自給率は、農林水産省の調べによりますと、わずか0.06%となっています。

永平寺でも、ごま・麦・大豆など、精進料理の基本食材が高騰しているため、お肉や魚を使うよりもむしろ費用がかかるようになったそうです。農作物としてのごま・麦・大豆は、想像以上に貴重なものになっているようです。

いまや想像以上に貴重な食材となっている、ごま。栽培した人々のことを思うと、一粒たりとも無駄にはできない。

市場に出ているごまはほぼ外国産

セサミンEXの原料となるごまも、じつは外国産です。「なぜ国産のごまを使わないんですか?」とのご質問を、ときどきお客さまより頂戴します。セサミンはごま一粒に1%未満しか含まれていない稀少成分ですから、十分な必要量を国内産でまかなうのは困難です。

2008年時点では、セサミンEXは、タンザニア産、パラグアイ産、ボリビア産等、サントリーの品質基準をクリアした上質なごまを原材料として使用しています。セサミンがこうした複数の産地のごまを使用しているのは、より品質の高い原材料を、常に安定して確保するためです。

たくさんのゴマの粒

食習慣を見直すことは伝統の継承にもつながる

もともと海外から渡来した食材である、ごま。農作物として日本で作られるようになったのは、それが食文化として、人々の生活の中に根付いたからとも考えられます。

とすれば、日々の食習慣を見直すことは、少なからず、その伝統を継承することにつながるのかもしれません。

ごまの健康成分を手軽にお摂りいただけるセサミンEXが、より多くのみなさまのお役に立てれば、私たちサントリーは、大変うれしく思います。

ごまをたっぷりかけた野菜炒め。私たちが毎日の食習慣を見直すことで、ごまの食文化を継承できるかもしれない。