精進料理で過ごす毎日 若い修行僧の方々は満足できるのでしょうか

永平寺で修行している間、修行僧たちは毎日、精進料理を食べて過ごします。その大半が、大学を卒業したばかりの若い方だそうです。味や量に不満を感じたことはないのでしょうか。「たしかに初めは、味が薄いと思いました。焼肉やカレーが食べたいとも(笑)。それが不思議なことに、1~2カ月もたつと、素材そのものの味がおいしく感じられるようになり、次第に好き嫌いもなくなっていきました」。精進料理は長く食べ続けることで、おいしさがわかる食事のようです。

玄米粥とたっぷりの黒ごま塩の朝食

朝

永平寺が開かれた1244年から、ずっと変わっていないという朝食。玄米粥とたっぷりの黒ごま塩が、修行僧たちの健康を養っている。

根菜など具だくさんの味噌汁とごまをたっぷりかけた野菜の油炒めに、麦飯とお漬物の昼食

昼

根菜など具だくさんの味噌汁。ごまをたっぷりかけた野菜の油炒め。それに、麦飯とお漬物。ごまを利用することで、味にコクを出すと同時に、菜食に不足しがちな栄養を補っている。

すまし汁、野菜の煮物、りんごの酒粕和え、お漬物の夕食「薬石」

夕

夕食は「薬石」と呼ばれる。夕食をとる習慣がなかった時代に、温めた石を懐に抱いて空腹をしのいでいたことに由来する。この日の献立は、すまし汁、野菜の煮物、りんごの酒粕和え、お漬物。境内でとれた銀杏の炊き込みごはんが、彩りを添えている。

雲版を叩く修行僧

食欲を満たすだけが 食事ではありません

修行僧たちの食事は、朝6時、昼12時、夕方5時。毎日、規則正しくとられています。食べ残しは許されず、おかわりは1回まで。厳しいようですが、その食習慣が、健全な心身や正しい味覚を養ってくれます。

高級食材や豪華な料理をおいしいと感じるのは、自然なことかもしれませんが、体においしいかどうかを考えて食べることも、とても大切なのだと気づかされました。

食事を知らせる鐘の音

銅製の「雲版(うんぱん)」を叩く音が、食事の時間を知らせる。