三好典座が語る食のこころ 阿木燿子さんが問う典座の教え

三好良久典座(みよしりょうきゅうてんぞ)

曹洞宗大本山永平寺当代典座。食を司る役僧・典座職として平成十六年入山。日々、二百余名の修行僧の食事を準備することが日課であり修行。

阿木燿子さん(あき ようこ)

作詞家、女優、映画監督として活躍。二〇〇六年紫綬褒章受章。食に関する造詣も深く、著書に『ほっぺたぽろりんレシピ』などがある。

「食は人の営みの根本です。疎かにしないことが修行です」三好良久典座。曹洞宗寺院には、食を管轄する独立部署があり、その指揮官を典座と呼ぶ。このことからも、食がいかに重要視されているかがよくわかる。

三好良久典座

4. 食は生きることにつながります手を抜くのは命を軽んじること

  • 阿木

    お料理は、栄養バランスもよいように思いましたが。

  • 三好典座

    詳しく存じません(笑)。おいしくいただけたら、すべて栄養になると思います。食は命につながっています。ですから、作るときは一生懸命心を込めて。私はいつも、粗食とはいわず、おいしい食事です、といってお出しします。

  • 阿木

    若い方たちは、焼肉を食べたいとか、そういう煩悩はないのでしょうか(笑)。

  • 三好典座

    入山してすぐの者は、物足りなく感じるようですが、時期が過ぎると、淡い味の中のおいしさがわかるようになるといいます。
    心が穏やかになって感覚が研ぎ澄まされるという者、また、体臭がなくなるという者もおります。

  • 阿木

    食事は、貫首(かんしゅ※)の方も同じですか?前貫首の宮崎禅師は、108歳でご遷化(せんげ)されたとうかがいましたが。
    (※貫首)永平寺を含めた曹洞宗の最高位の禅師

  • 三好典座

    本山では、すべての僧が、ほぼ同じ食事を、同じ時間に食べます。宮崎禅師は好き嫌いをおっしゃったことはありませんでした。

  • 阿木

    そうですか。道元禅師は、食は心身を養う薬であるとおっしゃっていますが、宮崎禅師のご遺徳をうかがうと、本当にそのとおりですね。私たちの細胞1つ1つ、すべて食べ物の力をいただいているわけですから、食はやはり人の営みの基本なのですね。今日はすばらしいお話をありがとうございました。

典座教訓(てんぞきょうくん)・赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)

『典座教訓(てんぞきょうくん)・赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』道元著(講談社学術文庫刊)

約800年前、道元禅師が著した食の教え。
『典座教訓』は、食事をつくる者の心得、『赴粥飯法』は、食べる者の心得が記されている。日本の仏教において、食の重要性を説いた最初の書といわれる。

1244年、道元禅師により福井県永平寺町に開かれた曹洞宗の総本山・永平寺。全国に約1万4,000余の末寺を有す権威ある寺院。全国から集まった200名を超える僧侶が日々、修行に励んでいる。

曹洞宗の総本山・永平寺