健康を考える!サボらずサプリメントを継続して飲むコツとは?

サプリメントは栄養補助のための食品なので、一日や一週間程度ではなく、長期間継続して飲むことが大切です。しかし、なかなか継続とは難しいもの。どのような方法を実践したら、長く続けることができるのでしょうか?

健康は一日にしてならず!?続けることが大切

健康は一日にしてならず!?続けることが大切

サプリメントを飲んでも満足いく結果が得られない方は、飲用期間が短い可能性があります。サプリメントは食品ですから、すぐに満足いく結果が得られるわけではありません。しかし、忙しい中で簡単にとるような食事や、好き嫌いが多い偏った食事をしているのなら、運動に加えて食生活を見直すことが必要です。サプリメントの摂取により、健康や美容のために必要な、不足した栄養を補充することができます。
自分に必要な栄養素を見極め、毎日の食事を補うつもりで地道に続けていくことが大切です。

継続は力なり!まずは続ける目標を明確にしよう

継続は力なり!まずは続ける目標を明確にしよう

続けることが大切だとわかってはいても、なかなか継続できない方もいらっしゃるでしょう。
短期間で脱落しないためにも、まずは続ける目標を明確化することが大切です。
「ダイエットをしたい」「健康な生活を続けたい」など、どんな目標でもいいので、一つ明確なものを持っていることで買い忘れにも気づけたり、面倒でも飲もうという気力が湧いてきたりするものです。
目標をひとつ、もしくはいくつか掲げ、その目標に向かって気長に続けていきましょう。

工夫次第でこんなにも継続しやすくなる!

目標を掲げる他にも、具体的な対策をすることで飲み忘れを防ぐことができます。
このような対策を試してみてはいかがでしょうか。

飲む時間を習慣づけする

飲む時間を習慣づけする

「気づいた時に」と思っていると徐々に飲み忘れてしまうもの。
「毎食後に飲む!」と決めて習慣づければ、自然と毎日のサイクルの一つになるでしょう。

目立つ場所に置いておく

目立つ場所に置いておく

バッグに入れっぱなしの方や、毎回置く場所が違う方は、飲み忘れを招きやすいです。食卓や会社のデスクなど、一日にいる場所が一番長い場所に置いたりすると、飲み忘れを防げます。

スマートフォンアプリ「サプリ手帳」を利用する

スマートフォンアプリ「サプリ手帳」を利用する

サプリメントを飲む時間に、スマートフォンの画面で通知するスマートフォンアプリ「サプリ手帳」をご用意しています。
サプリ手帳では、「飲用しているサプリの残数の管理」「飲用時間に画面で通知」「カレンダーで飲んだ日を記録」「毎日の天気予報をお知らせ」といった便利な機能が揃っています。飲み忘れのない、充実な毎日の第一歩として利用してみてはいかがでしょうか。 サプリ手帳の詳しい情報はこちら

サプリメントケースを利用する

サプリメントケースを利用する

「朝・昼・夜」と毎食時に薬を飲用する方のために作られたケースも、サプリメントにも役立ちます。薬用だと高齢者向けのシンプルなケースも多いですが、最近では若い女性向けの可愛いケースや、サプリメント用のケースも発売されています。小分けにして持ち歩くことで、飲む意識を高めることができるはず。ただし、サプリメントケースは長期間の保存には向いていませんので、2~3日以内分を持ち歩くようにしましょう。

定期お届けコースを利用する

定期お届けコースを利用する

長期継続が前提となるサプリメントには、定期お届けコースを設けております。
ご自分で買いにいく手間も省けて、買い忘れを防ぐことができ、定期購入割引もございますので、通常よりもお得に購入することができます。

継続して飲むコツまとめ

サプリメントは、長期間継続して飲むことが前提となります。満足を得るためにも、3カ月は続けることをおすすめします。
続けることにあまり自信がない方は、まずはサプリメントを目立つ場所に置くようにし、毎日の飲用を習慣づけておくことで、飲み忘れを防ぐことができるでしょう。
健康と美容のためにも、是非長く続けてみてくださいね。

その他のサプリメント情報

ページの先頭へ

ログイン

メルマガ登録はこちら 買い物かごの中を見る
商品点数: 0
商品金額: 0(税抜)

5,000円(税抜)以上お買い上げで送料無料

送料について

一部の商品、まとめ買いで5~10%OFF!

まとめ買い割引について

便利でお得な3つの特典 定期お届けコース 決まった日に商品を定期的にお届けします。

1.通常価格の10%OFFに! 2.毎回送料無料! 3.特製グッズプレゼント!※商品によって内容が異なります。

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。